阪神電鉄旧尼崎発電所

阪神電鉄旧尼崎発電所

兵庫県尼崎市東御園町、阪神電鉄・尼崎駅の東側、尼崎城址公園のすぐ北に建つのが、阪神電鉄旧尼崎発電所。阪神電鉄尼崎工場の車庫西側にあるレトロなレンガ造りの建物で、明治37年頃築の尼崎火力発電所だった建物。現在も資材倉庫として使われており、公道側から外観のみ見学が可能。

阪神電鉄本線開業時に電力を供給した発電所が現存!

明治38年4月12日、大阪〜神戸間を結ぶ日本初の本格的都市間電気鉄道、阪神電気鉄道本線が開通し、尼崎駅が開業していますが、その前年の明治37年8月5日、尼崎車庫が完成。
その阪神電気鉄道本線に電気を流すため、イギリス人技士の設計築かれたのが尼崎発電所で、明治38年4月7日に送電を開始しています。
レンガはイギリスから、レンガを支えるアングル鋼はアメリカから輸入されたもの。

開業当初、尼崎発電所と御影発電所(みかげはつでんしょ=現・神戸市東灘区)に400kWの直流発電機を2基設置し(1基は予備)、明治41年からは余剰電力を沿線中間の3町16村に供給しています。

明治28年、蹴上(けあげ)に琵琶湖疎水を使った水力発電所を築き、日本初の電車として京都電気鉄道が開業していますが、それからわずか10年で、本格的都市間電気鉄道として阪神電気鉄道本線が開通しています。
発電施設は、蒸気機関車と同様に、石炭ボイラーで作った蒸気のエネルギーを運動エネルギーに変え、発電するというレシプロ式。
ボイラーは、アメリカのバブコック・アンド・ウィルコックス社(Babcock & Wilcox Company)製、発電機はゼネラルエレクトリック社(General Electric Company)などすべてアメリカ製。

大正8年4月6日に休止するまで、現役で発電を続けていました。
その後、鉄道関係の資材倉庫に転用されています。

阪神電鉄旧尼崎発電所
名称 阪神電鉄旧尼崎発電所/はんしんでんてつきゅうあまがさきはつでんしょ
所在地 兵庫県尼崎市北城内115
電車・バスで 阪神尼崎駅から徒歩5分
ドライブで 阪神高速3号神戸線尼崎東ICから約3km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
尼崎城

尼崎城

兵庫県尼崎市にあった江戸時代初期に築城された平城の跡が尼崎城(あまがさきじょう)。徳川家康の近習として仕えた戸田氏鉄(とだうじかね)が築城、江戸時代に尼崎藩の藩庁として機能し、譜代大名が守る城として西国に睨みを効かせていました。尼崎城址公園

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ