東勝寺跡

東勝寺跡

鎌倉葛西ケ谷にある鎌倉幕府の執権として活躍した北条氏の菩提寺で、関東十刹(かんとうじゅっさつ)に数えられた東勝寺の跡地。栄西の弟子の退耕行勇(たいこうぎょうゆう)が鎌倉幕府第3代執権・北条泰時(御成敗式目を制定したことで有名)の命で開山。東勝寺合戦で新田義貞の戦火を受けて焼失、廃寺となっています。

実はここが鎌倉幕府終焉の地(東勝寺合戦場)

東勝寺跡

北条高時腹切りやぐら

目の前を滑川が流れ背後は丘陵という地形は、有事に備えた城塞(詰の城)の意味もあったと推測されます。
後醍醐天皇が笠置山で挙兵に呼応し、新田義貞が鎌倉へと攻め寄せた、元弘3年5月22日(1333年7月4日)の東勝寺合戦では、鎌倉幕府第14代執権・北条高時は東勝寺に籠城するも家臣とともに自刃(享年29)。
というわけで、この地が鎌倉幕府終焉の地にもなっているのです。

東勝寺跡の北には「北条高時腹切りやぐら」と呼ばれるやぐらがありますが、発掘調査では遺骨は出土していません。
東勝寺での戦死者の遺体は、鎌倉市浄明寺の釈迦堂谷の奥に葬られたという伝承があり、宅地開発の際に「元弘三年五月廿八日」の銘のある五輪塔が発掘され、東勝寺合戦の戦没者の初七日(しょなのか)の慰霊祭が行なわれたことが推測できます。

鎌倉市小町にある天台宗の寺、宝戒寺(ほうかいじ)は、北条高時の慰霊のため、北条得宗家(ほうじょうとくそうけ)の屋敷跡に後醍醐天皇が建立したもの。
北条高時は、後醍醐天皇から「徳崇大権現」という神号を下賜され、神として宝戒寺に祀られているのです。
鎌倉幕府が滅亡した5月22日に、宝戒寺では北条高時の慰霊のため、『徳崇大権現会・大般若経転読会』が行なわれています。
 

東勝寺跡 DATA

名称 東勝寺跡/とうしょうじあと
所在地 神奈川県鎌倉市小町3
関連HP 鎌倉市公式ホームページ
電車・バスで JR鎌倉駅から徒歩15分
ドライブで 横浜横須賀道路朝比奈ICから約5km
駐車場 なし
問い合わせ 鎌倉市文化財課 TEL:0467-61-3857
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

宝戒寺

2018.05.03
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ