浅瀬石川ダム(虹の湖)

浅瀬石川ダム(虹の湖)

青森県黒石市、岩木川水系浅瀬石川(あせいしかわ)に建設された多目的ダムが浅瀬石川ダム。堤高91.0m、堤頂長330.0mという巨大な重力式コンクリートダムで、浅瀬石川ダム誕生で生まれたダム湖が虹の湖です。ダム湖に突き出した半島には虹の湖公園が整備され、道の駅虹の湖があります。

ダムサイトには「浅瀬石川ダム資料館」も

浅瀬石川ダム(虹の湖)
ダム湖が虹の湖

もともと、昭和20年に完成した日本初の多目的ダム、沖浦ダムがありましたが、昭和63年完成の浅瀬石川ダムにより、沖浦ダムは水没しています。
この沖浦ダムのダム湖の名前が虹の湖で、浅瀬石川ダムもそれを引き継いだため、2代目虹の湖ということに。

浅瀬石川ダムは、洪水被害の軽減、流水の正常な機能の維持、水道用水、発電を目的にした多目的ダム。
ダムサイトには「浅瀬石川ダム資料館」があり、自由に見学ができるほか、1週間前までの予約で、堤体内(監査廊)の見学(案内)が可能です。

浅瀬石川ダムでは、春夏秋冬、日時限定でライトアップも実施されています。

浅瀬石川ダム(虹の湖)
浅瀬石川ダム(虹の湖)
名称 浅瀬石川ダム(虹の湖)/あせいしかわだむ(にじのこ)
所在地 青森県黒石市板留杉の沢2
関連HP 黒石観光協会公式ホームページ
電車・バスで 弘南鉄道黒石駅から弘南バス大川原・温川線(板留経由)で30分、資料館前下車
ドライブで 東北自動車道黒石ICから約9km
駐車場 浅瀬石川ダム資料館駐車場を利用
問い合わせ 浅瀬石川ダム管理所 TEL:0172-54-8782
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
道の駅虹の湖

道の駅虹の湖

青森県黒石市、十和田湖と黒石市街を結ぶ国道102号沿いに位置する休憩スポットが、道の駅虹の湖。もともとは浅瀬石川ダムのダム湖工事用沈殿地跡で昭和63年度にダム湖・虹の湖を利用した多目的広場に生まれ変わった虹の湖公園にあり、中心施設が虹の湖レ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ