塩野六角古墳

塩野六角古墳

兵庫県姫路市安富町塩野にあるその名の通り六角形の古墳が、塩野六角古墳(しおのろっかくこふん)。標高155.5mの山腹に単独で立地し、一辺の長さが3.8m〜4.4mという六角形の古墳です。無袖の横穴式石室も現存。兵庫県の史跡に指定。

日本一古墳の多い兵庫県でも六角墳はこの古墳だけ

塩野六角古墳

古墳時代終末期の7世紀後半頃と推定される古墳ですが、被葬者は明らかではありませんが、当時この一帯を支配していた豪族・山部三馬(やまべのみま)、あるいはその一族ではないかともいわれています。
石室は全長4.4m、開口部幅1.1m、奥壁側の幅0.8m、高さが1.3m。

道教・仏教思想に由来すると推測される多角形墳としては、天皇陵にも採用された八角墳が知られていますが、六角墳は、塩野六角古墳が最初の確認例で、現在でも奥池3号墳(岡山県岡山市)、マルコ山古墳(奈良県高市郡明日香村)と塩野六角古墳など数基だけという希少なもの。

兵庫県には1万8851基(日本の全古墳の12%)もの古墳があり、鳥取県(1万3459基)、京都府(1万3089基)、千葉県(1万2750基)、岡山県(1万1726基)を抑えての古墳が日本一多い県。
1万8851基のなかで、唯一、六角形というのがこの塩野六角古墳です。

塩野六角古墳
名称 塩野六角古墳/しおのろっかくこふん
所在地 兵庫県姫路市安富町塩野664-3
関連HP 姫路市公式ホームページ
ドライブで 中国自動車道山崎ICから約7km
問い合わせ 姫路市教育委員会事務局生涯学習部文化財課 TEL:079-221-2786/FAX:079-221-2779
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
マルコ山古墳

マルコ山古墳

奈良県高市郡明日香村の真弓丘陵にある古墳が、マルコ山古墳。全国的にも珍しい六角形の古墳(六角墳)で、築造は7世紀末~8世紀初めの古墳時代終末期だと推測されています。当初は円墳だと目されていましたが、近年では皇族を葬った六角墳だとされています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ