谷汲駅跡

谷汲駅跡

岐阜県揖斐郡揖斐川町にある、かつての名古屋鉄道谷汲線の駅跡が、谷汲駅跡。谷汲山華厳寺の巡礼客の交通の便の確保として、大正15年4月6日、谷汲鉄道の駅として開業。昭和19年に名鉄に合併し、谷汲線となりましたが平成13年10月1日に廃止。駅舎と当時に車両が静態保存されています。

モ750形755号車、モ510形514号車を静態保存

谷汲駅跡

現存する駅舎は、平成8年に完成した新駅舎で、わずか5年後に谷汲線が廃止となっています。
構内にはかつての瀬戸電と同様に600V路線だった谷汲線の主力、モ750形755号車、モ510形514号車が静態保存されています。
モ750形755号車は昭和3年製造、瀬戸電などでも活躍した車両で、晩年は揖斐線の黒野駅〜本揖斐駅間と谷汲線で活躍していました。
モ750形754は、愛知県瀬戸市の瀬戸蔵ミュージアムに静態保存。

モ510形514号車は、名鉄の丸窓電車で、大正15製造(日本車輌製造)。
半流線型車体は、当時のアメリカの電車デザインの影響を受けたもの。
笠松線、美濃町線で運用後、揖斐線 ・岐阜市内線直通列車に転用となり、転換クロスシート化が図られています。
最晩年は多客期の谷汲線などで使われました。
旧名鉄美濃駅にもモ510形512が静態保存。

谷汲駅跡
谷汲駅跡
名称 谷汲駅跡/たにぐみえきあと
所在地 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲徳積1412
関連HP 揖斐川町観光協会 谷汲支部公式ホームページ
ドライブで 名神高速道路大垣ICから約32km
駐車場 15台/無料
問い合わせ 揖斐川町観光協会 谷汲支部 TEL:0585-55-2111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
華厳寺

華厳寺

『谷汲山根元由来記』によれば、延暦17年(798年)に豊然(ぶねん)上人が開創し、天慶7年(944年)、朱雀天皇が鎮護国家の勅願寺としたのが岐阜県揖斐川町の華厳寺(けごんじ)。地元中京圏では谷汲山(たにぐみさん)という山号で知られ、春の桜、

旧名鉄美濃駅

旧名鉄美濃駅

岐阜県美濃市広岡町にある往時の名鉄美濃町線の駅舎と車両が旧名鉄美濃駅。平成11年3月に廃止となった名鉄美濃町線美濃〜新関間ですが、明治44年2月11日の美濃電気軌道開業時に上有知駅(4月1日に美濃町駅に改称)として建てられたという歴史ある駅

瀬戸蔵

瀬戸蔵

愛知県瀬戸市、「せと・まるっとミュージアム」の拠点施設となっているのが、瀬戸蔵。1階には窯元直売のアンテナショップ瀬戸蔵セラミックプラザ<SETO MONO SHOP>、観光協会が入居。2階と3階が「瀬戸蔵ミュージアム」で、まさに瀬戸の散策

谷汲口駅

谷汲口駅

岐阜県揖斐郡揖斐川町にある樽見鉄道樽見線(たるみてつどうたるみせん)の駅が、谷汲口駅(たにぐみぐちえき)。昭和31年3月20日、国鉄樽見線(大垣駅〜谷汲口駅)の開業に伴い、盲腸線の終着駅として開業。昭和59年10月6日に第三セクターの樽見鉄

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ