姫沼

姫沼

北海道利尻富士町、利尻島の玄関口である鴛泊(おしどまり)港の南東約2km、原生林帯に囲まれた神秘的な沼が姫沼。オタトマリ沼と同様に爆裂火口の跡と推測されています。姫沼という名前は大正4年に姫鱒を放流したことに由来。エゾマツ、トドマツがうっそうと茂り、コバルトブルーの沼の向こうには、利尻山の雄姿が眺められます。

利尻岳を仰ぐ美しい沼

姫沼

大正6年に、爆裂火口跡の窪地(マール)に水が溜まったと推測できる湧水池の3つの小沼をあわせ、流出口を堰き止めたことで誕生した人造沼が姫沼です。
風がない日には逆さ利尻富士が映り、利尻島屈指の絶景スポットになっています。
ポン山姫沼探勝路で、北麓キャンプ場、甘露泉水、ポン山と結ばれています。

姫沼を一周する姫沼探勝路も整備され、森林浴を兼ねての所要は30分ほど。
途中、原生林帯から湧く水が飲める水場もあります。
沼にはヒメマスやフナ、コイ、エビが生息。
周辺は野鳥の宝庫で、コマドリ、アオジなどの鳴き声を聞くことも。

海岸を巡る道路沿いには姫沼展望台もあり、こちらは鴛泊湾、ぺし岬と礼文島を眺望。

名称 姫沼/ひめぬま
所在地 北海道利尻郡利尻富士町鴛泊
関連HP 利尻島観光ポータルサイト
電車・バスで 鴛泊フェリーターミナルから宗谷バス沓形行きで5分、姫沼口下車、徒歩20分
ドライブで 鴛泊港から約4km
駐車場 27台/無料
問い合わせ 利尻富士町観光案内所 TEL:0163-82-2201
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
オタトマリ沼

オタトマリ沼

北海道利尻郡利尻富士町、利尻島の南部、沼浦にある利尻山を写し込む美しい沼がオタトマリ沼。爆裂火口の底が泥炭地となったもので、沼の周囲は爆裂火口内に発達したという北海道では特異な湿原が広がっています。オタトマリとはアイヌ語のオタ・トマリ(ot

甘露泉水

甘露泉水

北海道利尻郡利尻富士町、利尻山・鴛泊登山ルートの3合目付近(標高290m)にある湧水が甘露泉水(かんろせんすい)。環境省の「名水百選」にも選定され、「日本最北の名水」にもなっています。登山者が口にし、甘いという感想が甘露泉水の名の由来。一帯

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ