甘露泉水

甘露泉水

北海道利尻郡利尻富士町、利尻山・鴛泊登山ルートの3合目付近(標高290m)にある湧水が甘露泉水(かんろせんすい)。環境省の「名水百選」にも選定され、「日本最北の名水」にもなっています。登山者が口にし、甘いという感想が甘露泉水の名の由来。一帯の森は利尻島自然休養林に指定され、森林浴の森百選にも選定されています。

甘露泉水からポン山、姫沼へトレッキングも可能

鴛泊登山ルートの入口の北麓野営場から登山道を10分ほど登った場所で、甘露泉水から標高444mのポン山山頂(利尻島屈指の絶景スポット)を巡る「ポン山・甘露泉水コース」も整備されています(ポン山まではさらに徒歩45分)。
利尻島自然休養林内の姫沼へと下るポン山・姫沼コースは、甘露泉水から徒歩2時間30分で姫沼。
鴛泊フェリーターミナルから北麓野営場までは徒歩1時間(車10分)。

名称 甘露泉水/かんろせんすい
所在地 北海道利尻郡利尻富士町鴛泊富士野
関連HP 利尻島観光ポータルサイト
電車・バスで 鴛泊フェリーターミナルから徒歩1時間10分
ドライブで 鴛泊港から約4km
駐車場 利尻北麓野営場駐車場を利用
問い合わせ 利尻富士町観光協会 TEL:0163-82-1114
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
環境省「名水百選」 北海道3名水

環境省「名水百選」 北海道3名水

昭和60年3月に環境庁(現・環境省)が選定した「名水百選」(昭和の名水百選)。「保全状況が良好」で「地域住民等による保全活動がある」のが名水の条件で、北海道からは甘露泉水(利尻富士町)、ナイベツ川湧水(千歳市)、そして羊蹄のふきだし湧水(京

オタトマリ沼

オタトマリ沼

北海道利尻郡利尻富士町、利尻島の南部、沼浦にある利尻山を写し込む美しい沼がオタトマリ沼。爆裂火口の底が泥炭地となったもので、沼の周囲は爆裂火口内に発達したという北海道では特異な湿原が広がっています。オタトマリとはアイヌ語のオタ・トマリ(ot

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ