萬福寺

萬福寺

宮崎県東諸県郡国富町の犬熊(本庄)にある天台宗の古刹が萬福寺(まんぷくじ)。寺伝によれば延暦22年(803年)、唐へ渡る最澄(さいちょう)が国富荘(今の国富町)で一夜の宿を借りた際、三尊仏を自刻して安置したのが始まりと伝えられています。

最澄創建伝承が伝わる天台宗の古刹

最澄は、国富荘で、彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)の故事(熊が襲ってくるのを知らせて吼えた犬を、 怒って殺してしまった彦火火出見命が、犬と熊を弔った場所)という伝承を知り、仏像を安置したのです。

木造の阿弥陀如来像と両脇侍像は国の重要文化財。
吉野の石、京の白川砂、北山杉などを配し、鰐塚山を借景にする枯山水の庭園「楽山園」(昭和初期に作庭)も見事。

最澄は、延暦23年(804年)に肥前国松浦郡田浦(現・平戸市大久保町田の浦)から唐へ向け船出しています。
船団で難波津(現・大阪港)の出帆して肥前国へと入っていますが、前年の延暦22年(803年)は、足跡は空白。
宮崎市の王楽寺にも最澄創建の伝承がありますが、あくまで伝承の域を出ません。

萬福寺
名称 萬福寺/まんぷくじ
所在地 宮崎県東諸県郡国富町本庄2097
関連HP 国富町公式ホームページ
電車・バスで JR宮崎駅から徒歩10分のデパート前から宮崎交通バス綾行きで32分、萬福寺下車すぐ
ドライブで 東九州自動車道国富スマートICから約3.5km
駐車場 10台/無料
問い合わせ 萬福寺 TEL:0985-75-2626
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ