ハルニレの木

ハルニレの木

北海道豊頃町を流れる十勝川の河川敷、旧利別川の河口にあるのがハルニレの木。バイクツーリングが全盛だった80年代には「この木なんの木」と喧伝(けんでん)され、多くのツーリストが集まりました。日立グループのテレビCM『日立の樹』(ひたちのき)に似ているということで人気を集めました。

『Eyes to me』の歌詞にも登場

ハルニレの木
よく見ると2本の木です!
ハルニレの木

昭和48年〜昭和50年に放送された初代のテレビCM『日立の樹』は、実際の木ではなく、アニメーションを使っていたため、この木がモデルではという噂が広がり、「この木なんの木」と通称されるようになったもの(実際にはモチーフにもなっていません)。

最近では、DREAMS COME TRUE(ドリカム)の『Eyes to me』の歌詞に「ハルニレをバックで 空に手を広げて」という歌詞が、このハルニレの木だということで再度注目を浴びることに。
ドリカムのボーカル吉田美和は、同じお隣の池田町出身。
というわけで、放牧された牛の木陰にもなるハルニレの木は、豊頃町周辺では各地に植えられてポピュラーな木(豊頃町のカントリーサインにもなっています)。
それを歌詞に入れたものだと推測できます。
ちなみに『たんぽぽの堤防』は利別川の堤防、『晴れたらいいね』の「川底に沈む橋越えて」は、道道882号利別牛首別線の川合橋のこと(以前は「もぐり橋」と呼ばれる沈下橋でした)。

この豊頃町のハルニレの木は、実は2本の木が一体化したもの。
豊頃町のシンボルツリーで、駐車場には「はるにれ休憩所」(ハルニレハウス)も設けられています。

ハルニレの木
名称 ハルニレの木/はるにれのき
所在地 北海道中川郡豊頃町幌岡
関連HP 豊頃町公式ホームページ
電車・バスで JR豊頃駅から徒歩30分
ドライブで とかち帯広空港から約35km
駐車場 あり
問い合わせ 豊頃町観光協会 TEL:015-574-2216
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
長節湖

長節湖

北海道豊頃町長節、十勝(とかち)の海岸沿いに連続する十勝海岸湖沼群のうち、十勝川の河口部に最も近い場所に位置する海跡湖が長節湖(ちょうぶしこ)。根室半島にも長節湖(ちょうぼしこ)があるので、「豊頃の長節湖」とも呼ばれています。長節はアイヌ語

十勝川河口

十勝川河口

北海道中川郡豊頃町と、北海道十勝郡浦幌町の境にあるのが十勝川河口。十勝川は、幕末の探検家・松浦武四郎が「是れ東部第一の川にして、此国の母川とし、石狩を父川とす」(『十勝日誌』)と記した大河。流域面積は北海道2位(道東1位)、国内6位。あまり

湧洞沼

湧洞沼

北海道中川郡豊頃町湧洞にある十勝海岸湖沼群の中で最も大きい沼が湧洞沼(ゆうどうぬま)。湧洞は、アイヌ語のユー・トー(yu-to=温泉・沼)に由来。幕末の探検家・松浦武四郎はその著『東蝦夷日誌』に「此沼に神霊ありて時々温み、また冷になる(トラ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ