日本列島ここがまんなかの碑

日本列島ここがまんなかの碑

能登半島の最先端、禄剛崎(ろっこうさき)にある「日本列島まんなかの碑」。石川県珠洲市に位置する禄剛崎は、国土地理院が認定した「日本の重心」。正しい位置ははるか沖の日本海上(実際には富山県沖)になりますが、もっとも近い陸地が禄剛崎というわけで「日本列島ここがまんなかの碑」が立てられています。

国土地理院が認定した「日本の重心」

日本列島ここがまんなかの碑

「真ん中」や「へそ」を主張する市町村は陸軍参謀本部陸地測量部が大正12年に認定した西脇市の「日本のへそ」、岐阜県関市周辺を移動中の「人口重心」のほか、長野県辰野町、群馬県渋川市などがあります。

国の機関である国土地理院が認定する「日本の重心」は、ちゃんとした計算があってのことです。

名称 日本列島ここがまんなかの碑/にほんれっとうここがまんなかのひ
所在地 石川県珠洲市狼煙町
関連HP 珠洲市公式ホームページ
電車・バスで JR金沢駅から北陸鉄道特急バス珠洲鉢ヶ崎行きで2時間42分、終点鉢ヶ崎下車、奥能登観光開発バス木ノ浦線に乗り換え30分、狼煙下車、徒歩10分。
ドライブで 能登空港から約54km
駐車場 110台/無料
問い合わせ 珠洲市観光交流課TEL:0768-82-7776
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

禄剛崎

2018.08.12

禄剛埼灯台

2017.08.04

日本の重心は富山県沖、記念碑は能登半島先端にあり!

2015.03.09

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ