千代の園酒造

千代の園酒造

熊本県山鹿市にある明治29年創業の地酒の蔵元が千代の園酒造。全国新酒鑑評会金賞受賞の常連という銘酒を醸す酒蔵で、大吟醸酒から吟醸酒、純米酒、本醸造種、レギュラー酒、料理酒、熊本ならではの赤酒、本みりん、芋焼酎と種類も豊富です。

山鹿の老舗酒蔵は史料館も併設

千代の園酒造

酒蔵が建つのは、豊前街道と舟運があった菊池川の交わる地。
元々は米問屋を営んでいたという老舗ならではの立地で、明治29年に当主・本田喜久八氏が酒造りに転業(「清瀧」を発売)。
米問屋だっただけに酒造米に対してこだわりも強く、「九州神力」という新しい米の品種を生み出したほど。
純米酒の醸造も、昭和43年からという全国的にも先駆け的存在で、コルク栓使用の大吟醸の発売とチャレンジは続いています。
当主は4代目となる本田雅晴さん。

熊本で数少ない赤酒(火入殺菌をせず、醸造したもろみに灰を混入させて「酸」を中和する灰持酒)の製造元にもなっています。
熊本では正月のお屠蘇には赤酒を使う風習があるほか、味醂よりテリが良く出るということで味醂の代わりに使われることも。
仕込みから1年間熟成される手間のかかった本みりんも販売。
通常、みりん風調味料を使っている人なら、千代の園の赤酒や本みりんは驚きの逸品になるでしょう。
紫芋・黒麹仕込みの芋焼酎「はなぶさ」、熊本県内の酒販店とタイアップして生産、販売するPB商品手造り吟醸酒「泰斗」も注目の品です。

併設の史料館には酒造りに使用していた道具を展示(入場無料)。
売店では、試飲や気に入った酒を購入することができます。
毎年3月第2日曜には『千代の園酒造新酒まつり』を開催。

千代の園酒造
名称 千代の園酒造/ちよのそのしゅぞう
所在地 熊本県山鹿市山鹿1782
関連HP 千代の園酒造公式ホームページ
電車・バスで JR新玉名駅から九州産交バス玉名・米の岳線山鹿バスセンター行きで43分、山鹿下町下車、徒歩1分
ドライブで 九州自動車道菊水ICから約9km
駐車場 5台/無料
問い合わせ 千代の園酒造 TEL:0968-43-2161
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

今すぐ千代の園酒造のお酒を注文するなら

千代の園酒造のオンラインショップで注文するならこちら

Yahoo!ショッピングで注文するならこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ