高村山荘

高村山荘

岩手県花巻市にある、高村光太郎が昭和20年10月から7年の間、独居生活を送った山荘が高村山荘。高村光太郎は、昭和20年5月、知己の間柄だった宮沢賢治の弟・清六の家に疎開。その宮沢家も戦災を受け、転々とした後、稗貫郡太田村山口(現・花巻市太田)の素朴な小屋で独居生活を送っています。

戦後、高村光太郎が独居生活を送った山荘

杉皮葺きの屋根、荒壁、障子一重、3畳半(7.5坪)の素朴な山小屋で、冬はマイナス20度の厳寒に、猛暑の夏には、蚊やブヨに悩まされたと伝えられています。
連作詩『暗愚小伝』や詩集『典型』、詩文集『智恵子抄その後』などの傑作がここで生まれています。
高村光太郎は、近くの丘を散策し、亡き妻・智恵子を偲んだのです。

一般財団法人花巻高村光太郎記念会が保存、公開する高村山荘は套屋によって保護されていますが、山荘内は当時のまま保存され、一枚の板にすき間を彫り込み、そこから洩れる光で、時刻を計った日時計などが残されています。
高村光太郎記念館近くにありますが、見学には別途料金が必要。

高村山荘
名称 高村山荘/たかむらさんそう
所在地 岩手県花巻市太田3-91
関連HP 高村山荘公式ホームページ
電車・バスで JR花巻駅から岩手県交通バス高村山荘行きで30分、終点下車、すぐ
ドライブで 東北自動車道花巻南ICから約9km
駐車場 30台/無料
問い合わせ 高村山荘総合案内所 TEL:0198-28-2270
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
高村光太郎記念館

高村光太郎記念館

岩手県花巻市にある『智恵子抄』で知られる、詩人で彫刻家・高村光太郎のミュージアムが高村光太郎記念館。2つの常設展示室では、書と彫刻に分け、高村光太郎の遺稿や十和田湖の裸婦像の原型、妻智恵子の切り絵など130点を展示しています。終戦から7年間

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ