自然干陸地フラワーゾーン

自然干陸地フラワーゾーン

国営諫早湾干拓事業で、諫早湾と諫早湾干拓調整池を隔てる潮受堤防が完成し、諫早湾干拓調整池と諫早湾が分断され、諫早湾干拓調整池の北岸、長崎県諫早市に誕生したのが諫早湾小江干拓地。その西側の自然干陸地フラワーゾーンには春は菜の花、秋はコスモスが咲き乱れます。

諫早湾干拓事業で生まれた干陸地に花を植栽

平成元年から行なわれる国営諫早湾干拓事業で諫早湾干拓調整池の北岸、高来町に誕生した110haの諫早湾小江干拓地。
潮受堤防の締切後、調整池の水位をマイナス1mで管理しているため、中央干拓地の前面や小江干拓地の周辺に約600haの自然干陸地が出現しています。
その自然干陸地の活用として花畑となっているのが、自然干陸地フラワーゾーン。

地域住民(NPO法人)が主体となって菜の花やコスモス(10月中旬〜下旬)を植栽し、花畑のバックには雲仙の山並みを望み、絶景。

自然干陸地フラワーゾーン
名称 自然干陸地フラワーゾーン/しぜんかんりくちふらわーぞーん
所在地 長崎県諌早市高来町深海地先
関連HP 諫早観光物産コンベンション協会公式ホームページ
電車・バスで 島原鉄道干拓の里駅からタクシーで10分、または、JR諫早駅からタクシーで14分
ドライブで 長崎自動車道諫早ICから約12km
駐車場 あり/無料
問い合わせ 諫早観光物産コンベンション協会 TEL:0957-22-8325
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
諫早湾干拓堤防道路(雲仙多良シーライン)

諫早湾干拓堤防道路(雲仙多良シーライン)

平成元年から行なわれる国営諫早湾干拓事業で、諫早湾と諫早湾干拓調整池を隔てる潮受堤防上の道路が諫早湾干拓堤防道路(雲仙多良シーライン)。北側の諫早市高来町・国道207号と、南側の雲仙市吾妻町・国道251号を結ぶ道路で、中央部にトイレ、展望歩

諫早ゆうゆうランド干拓の里

諫早ゆうゆうランド干拓の里

長崎県諫早市小野島町にある干拓をテーマにした12.5haという広大な面積のテーマパークが諫早ゆうゆうランド干拓の里。鎌倉時代から干拓が行なわれていたという有明海。諫早干拓資料館、むつごろう水族館、干拓の里馬事公園、庄屋屋敷・旧早川家住宅など

諫早湾中央干拓地

諫早湾中央干拓地

平成元年から行なわれる国営諫早湾干拓事業で、諫早湾と諫早湾干拓調整池を隔てる潮受堤防が完成し、諫早湾干拓調整池と諫早湾が分断され、諫早湾干拓調整池側、長崎県諫早市に誕生したのが諫早湾中央干拓地。前面堤防、北部堤防、南部堤防に囲まれた干拓地で

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ