大久展望台

大久展望台

四国の最西端、豊後水道へと突き出した佐田岬半島を走る国道197号(佐田岬メロディライン)沿い、愛媛県伊方町、大久集落背後の標高220mにあるのが大久展望台(おおくてんぼうだい)で、白亜の神殿風フォルムが異色。眼下の大久集落から上ってくる道もありますが、山の斜面は果樹園です。

大久集落を眼下に宇和海を一望にする展望台

大久展望台

1kmの砂浜海岸である大久海岸はもちろん、宇和海を一望にするほか、佐田岬方面の眺めも抜群。
北側の山には風力発電の風車も回っています。

瀬戸展望休憩所になっており、高輝度青色発光ダイオードを開発し、2014年にノーベル物理学賞を受賞した中村修二博士(四ツ浜村大久=現・伊方町大久の出身)の記念碑やパネル展示室があります。
展望台、記念碑ともにLEDライトを使用したライトアップが行なわれています。

大久展望台 DATA

名称 大久展望台/おおくてんぼうだい
所在地 愛媛県西宇和郡伊方町大久2370-1
関連HP 伊方町公式ホームページ
ドライブで 松山自動車道(大洲道路)大洲北只ICから約41km
駐車場 30台/無料
問い合わせ 伊方町瀬戸支所 TEL:0894-52-0111
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
せと風の丘パーク

せと風の丘パーク

2018年11月17日

佐田岬灯台

2017年10月4日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ