旧正野谷桟橋

旧正野谷桟橋

愛媛県西宇和郡伊方町、豊予海峡へと伸びる佐田岬半島の先端部北側にある軍用桟橋の遺構が、旧正野谷桟橋(きゅうしょうのだにさんばし)。長さ50m、幅5mのコンクリートと一部鉄製の桟橋。陸軍豊予要塞・佐田岬第二砲台の資材陸揚げのために構築されたもので、国の登録有形文化財に指定。

豊予要塞・佐田岬第二砲台の構築に使われた軍用桟橋

旧正野谷桟橋

昭和2年12月、豊予海峡の防備のため陸軍豊予要塞(りくぐんほうよようさい)・佐田岬第二砲台には七年式三十糎榴弾砲4門が設置されています(昭和19年に廃止となり、鹿児島県志布志に移設)。
そのために昭和2年に築かれたのが正野谷桟橋です(豊予海峡は、大正10年〜昭和5年に第一期工事を実施)。

地元では単に、「軍艦波止」、「軍用桟橋」と呼ばれています。
長さは陸地部分を含めると73mあり、海上に24本の柱を打ち込んで、50mのコンクリート桟橋を支えるというしっかりとした造りです。
昭和2年に佐田岬第二砲台に設置された短榴弾砲は自重が59tもあり、頑丈な桟橋が必要だったことがよくわかります。
桟橋部分に切れ間があり、枠が空いているのは波圧防止装置で、荒波を緩和させる役目を果たしています。

当時、佐田岬半島は陸の孤島で、陸上からの物資運搬は困難で、港が構築されたのです。
佐田岬半島の北側は、冬の季節風を受けるため、漁港などはありませんが、敵軍からの攻撃を避けるためなのかあえて北側に軍用桟橋を築いています(特殊潜航艇の訓練が行なわれた三机湾も半島北側です)。

佐田岬灯台へ向かう愛媛県道256号(佐田岬三崎線)途中、藤ノ実バス停前に入口があり、ここからから草木の生い茂ったなかのコンクリート舗装された歩道を約500m下ると、旧正野谷桟橋。
愛媛県道256号(佐田岬三崎線)を走り、「←佐田岬灯台(県道256号)・三崎港→」というY字路を佐田岬灯台の県道256号をとった先が正野谷集落の藤ノ実バス停。
県道沿いに駐車場はないので、Y字路を右にとり、町道を三崎港方面に走った路側に駐車するのが賢明です。

旧正野谷桟橋
旧正野谷桟橋
名称 旧正野谷桟橋/きゅうしょうのだにさんばし
所在地 愛媛県西宇和郡伊方町正野地先
関連HP 伊方町公式ホームページ
ドライブで 松山自動車道(大洲道路)大洲北只ICから約62km
駐車場 3台/無料
問い合わせ 伊方町三崎支所 TEL:0894-54-1111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
佐田岬

佐田岬

豊後水道に突き出した長大な佐田岬半島(愛媛県伊方町)。中央構造線による地殻変動で誕生した半島で、基部から先端まで40kmの細い山並みが連続し、海上に浮かぶ山脈といった感じ。「佐田岬メロディライン」と呼ばれる国道197号が尾根上を走り、半島先

権現山展望台

権現山展望台

佐田岬半島宇和海県立自然公園に指定された伊方町の山並み。佐田岬半島のほぼ中央、山頂に権現様(石鎚神社=神仏混淆時代は石鎚蔵王権現)があることから権現山と呼ばれる標高376mのピークは、瀬戸内海、宇和海を一望にする展望地。ビューポイントの連続

せと風の丘パーク

せと風の丘パーク

愛媛県伊方町、四国の最先端、豊後海峡に突き出す佐田岬半島の中央部にある旧瀬戸町地区は、「風車のまち」。南北が海で、海を隔てて細長く尾根が連なる半島には、強風が吹き付けます。その強風を利用した瀬戸ウインドヒル発電所の風車が連なるのがせと風の丘

大久展望台

大久展望台

四国の最西端、豊後水道へと突き出した佐田岬半島を走る国道197号(佐田岬メロディライン)沿い、愛媛県伊方町、大久集落背後の標高220mにあるのが大久展望台(おおくてんぼうだい)で、白亜の神殿風フォルムが異色。眼下の大久集落から上ってくる道も

佐田岬灯台

「岬十三里」と呼ばれた日本一細長いな佐田岬半島の先端は、断崖となって海に落ちています。その先端に建つのが佐田岬灯台。駐車場に車を入れて遊歩道を30分ほど歩くと、椿に覆われた眺めのいい椿山。豊予海峡(ほうよかいきょう)に浮かぶ高島越しに九州を

椿山展望台

椿山展望台

愛媛県西宇和郡伊方町、豊予海峡に突き出した佐田岬半島の先端部にある人気のビューポイントが、椿山展望台。佐田岬灯台、そして豊予海峡越しに大分県の高島、佐賀関半島を眺望できます。その名の通りヤブツバキが自生し、冬~早春にかけて真紅の花を付けてい

水尻展望台

水尻展望台

愛媛県西宇和郡伊方町、日本一長い半島ともいわれる佐田岬半島の先端部にあるビュースポットが水尻展望台(みずしりてんぼうだい)。佐田岬灯台を眼下にする展望地としては椿山展望台、水尻展望台があり、あまり知られていないのが水尻展望台です。佐田岬灯台

三崎のアコウ

三崎のアコウ

愛媛県西宇和郡伊方町、佐賀関(大分県大分市)への国道九四フェリーが発着する三崎港にある国の天然記念物に指定される巨大なアコウが、三崎のアコウ。佐田岬半島はアコウ生育の北限域にあたり、4本のアコウが茂っています(大正10年の天然記念物指定時に

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ