蒼滝

蒼滝

三重県四日市市、鈴鹿山脈の主峰・御在所岳の山麓、湯の山温泉にある滝が蒼滝(あおたき)。湯の山温泉街から蒼滝不動を経て徒歩で20分ほど、三滝川支流の北谷にかかる落差50m、幅10mの大きな滝。花崗岩の白い岩肌が蒼く光るように見えることがその名の由来。

花崗岩に懸かる美しい滝は、蒼く光るのが名の由来に

蒼滝

三滝川は上流部に潜戸の滝、百間滝、そして蒼滝が懸かるのでその名があります。
東海自然歩道、御在所岳登山道・裏道、ロッククライミングゲレンデの藤内壁(とうないかべ)入口にあるため訪れる人も多い滝です。

平成20年の集中降雨によって大きな被害を受け、滝の前にあった橋が流され、滝壺一帯も以前とは少し変わった雰囲気になっています。
 

蒼滝 DATA

名称 蒼滝/あおたき
所在地 三重県三重郡菰野町菰野
関連HP 湯の山温泉公式ホームページ
電車・バスで 近鉄湯ノ山線湯の山温泉駅から三重交通バス湯の山温泉行きで5分、蒼滝口下車、徒歩10分
ドライブで 東名阪道自動車道四日市ICから約11.1kmで蒼滝駐車場
駐車場 蒼滝駐車場(70台/無料)
問い合わせ 湯の山温泉協会 TEL:059-392-2115
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ