良寛記念館

良寛記念館

越後・出雲崎(いずもざき)出身の禅僧、良寛の生誕200年を記念して故郷である新潟県出雲崎町に建てられたのが良寛記念館。館内には、和歌、俳句にすぐれ、書家としての顔をもつ良寛の遺墨、遺品が展示されており、人間良寛の全貌がわかる仕組み。また希望すれば、良寛が弟にあてた手紙や、俳句などの文献も閲覧可能です。

遺墨、遺品、文献から人間・良寛に触れる

良寛記念館

建物は、小諸の藤村記念館、東宮御所、出光美術館、名鉄バスターミナルビル、東京国立近代美術館などの設計で知られる谷口吉郎(芸術会員)の設計。
良寛記念館の美しい庭園は、石油王・中野貫一邸(新潟市秋葉区金津に中野邸記念館があります)から移したもので、重厚な石燈龍や庭石が配されています。

良寛の歌碑が立つ小高い丘、「良寛と夕日の丘公園」からは、眼下に旧北国街道の妻入りの街並み、良寛堂と出雲崎漁港を、対岸に佐渡ヶ島、右手には弥彦山を一望。

昭和57年の上越新幹線開通を記念し「新潟県景勝100選」が選定された際、「良寛記念館から見る日本海と佐渡」が第1位となっています。

良寛は、1758(宝暦8)年、出雲崎の名主・山本家(橘屋)の長男として誕生。
山本家は代々名主職で石井神社(いわいじんじゃ=出雲崎町石井町583)の神職も兼ねていました。
記念館の南には生家・山本家の墓地もあります。

良寛記念館 DATA

名称 良寛記念館/りょうかんきねんかん
Ryokan Memorial Museum
所在地 新潟県三島郡出雲崎町米田1
関連HP 良寛記念館公式ホームページ
電車・バスで JR出雲崎駅から越後交通バス出雲崎車庫行きで10分、良寛記念館入口下車、徒歩5分
ドライブで 北陸自動車道西山ICから約15.7km。関越自動車道長岡ICから約22km
駐車場 30台/無料
問い合わせ 良寛記念館 TEL:0258-78-2370/FAX:0258-78-4748
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

良寛堂

2017年12月28日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ