諫早ゆうゆうランド干拓の里

諫早ゆうゆうランド干拓の里

長崎県諫早市小野島町にある干拓をテーマにした12.5haという広大な面積のテーマパークが諫早ゆうゆうランド干拓の里。鎌倉時代から干拓が行なわれていたという有明海。諫早干拓資料館、むつごろう水族館、干拓の里馬事公園、庄屋屋敷・旧早川家住宅などがあるほか、遊具も充実しているためファミリーにも人気です。

レジャー施設が充実しファミリーにも人気

諫早ゆうゆうランド干拓の里

有明海の干拓の歴史や干拓技術を紹介する「諫早干拓資料館」、潮が引いた干潟の上で生活するムツゴロウを自然環境に近い状態で展示する「むつごろう水族館」が中心施設。
そば打ち体験などのレジャー施設、庄屋屋敷・旧早川家住宅などがあります。
園内にある庄屋屋敷は、諫早市赤碕町にあったもの明治7年築の屋敷を、平成5年に移築復元したもの。

「諫早干拓資料館」では、有明海で行なわれていた「むつかけ漁」、漁具、干拓地(小野平野)で使われた農機具などを展示紹介しています。

干拓の里馬事公園で行なう体験乗馬は予約制で、「引き馬」や乗馬の初歩の初歩を体験できる「体験乗馬」(15分)、30分コースの乗馬、さらには障害飛越や馬場馬術の習得まで様々なコースが用意されています。
インストラクターが基礎から指導してくれるので安心。

遊具施設では、変わり種自転車の揃った「ちゃりんこ広場」、ジップライン(Zip Line)、水上なのに濡れない遊具の「アクアボール・アクアチューブ」、池でのペダルボート・手漕ぎボート遊び、魚釣り(釣り道具貸出)、ターザンロープ、じゃぶじゃぶ水路などがあります(土・日曜、祝日のみのものもあります)。

ショップとしては、地元の新鮮野菜や干拓地で収穫された干拓野菜を販売する「よかもん市」、食事・喫茶は、うどん、そばの「はとむぎ館」、軽食コーナー「LEON’Sキッチン」、「satocafe」があります(土・日曜、祝日のみ営業のものもあります)。

画像協力/諫早ゆうゆうランド干拓の里

諫早ゆうゆうランド干拓の里
名称 諫早ゆうゆうランド干拓の里/いさはやゆうゆうらんどかんたくのさと
所在地 長崎県諫早市小野島町2232
関連HP 諫早ゆうゆうランド干拓の里公式ホームページ
電車・バスで 島原鉄道干拓の里駅から徒歩10分、またはJR諫早駅からタクシーで20分
ドライブで 長崎自動車道諫早ICから約9.6km
駐車場 400台/無料
問い合わせ 諫早ゆうゆうランド干拓の里 TEL:0957-24-6776/FAX:0957-24-1462
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
諫早ゆうゆうランド干拓の里・むつごろう水族館

諫早ゆうゆうランド干拓の里・むつごろう水族館

長崎県諫早市小野島町にある干拓をテーマにしたテーマパーク、諫早ゆうゆうランド干拓の里のメイン施設が、むつごろう水族館。潮が引いた干潟の上で生活するムツゴロウを自然環境に近い状態で展示する水族館で、本明川、そして有明海の干潟に生息する生物を観

諫早ゆうゆうランド干拓の里・旧早川家住宅

諫早ゆうゆうランド干拓の里・旧早川家住宅

長崎県諫早市小野島町にある干拓をテーマにしたテーマパーク、諫早ゆうゆうランド干拓の里に移設された庄屋屋敷が旧早川家住宅。明治7年に北高来郡小野村(現・諫早市赤崎町)に諫早鍋島家家臣・木下助内が建設したものを、平成4年に移設。創建年が棟札の墨

諫早湾干拓堤防道路(雲仙多良シーライン)

諫早湾干拓堤防道路(雲仙多良シーライン)

平成元年から行なわれる国営諫早湾干拓事業で、諫早湾と諫早湾干拓調整池を隔てる潮受堤防上の道路が諫早湾干拓堤防道路(雲仙多良シーライン)。北側の諫早市高来町・国道207号と、南側の雲仙市吾妻町・国道251号を結ぶ道路で、中央部にトイレ、展望歩

諫早湾中央干拓地

諫早湾中央干拓地

平成元年から行なわれる国営諫早湾干拓事業で、諫早湾と諫早湾干拓調整池を隔てる潮受堤防が完成し、諫早湾干拓調整池と諫早湾が分断され、諫早湾干拓調整池側、長崎県諫早市に誕生したのが諫早湾中央干拓地。前面堤防、北部堤防、南部堤防に囲まれた干拓地で

自然干陸地フラワーゾーン

自然干陸地フラワーゾーン

国営諫早湾干拓事業で、諫早湾と諫早湾干拓調整池を隔てる潮受堤防が完成し、諫早湾干拓調整池と諫早湾が分断され、諫早湾干拓調整池の北岸、長崎県諫早市に誕生したのが諫早湾小江干拓地。その西側の自然干陸地フラワーゾーンには春は菜の花、秋はコスモスが

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ