熊の鼻展望台

熊の鼻展望台

岩手県下閉伊郡岩泉町、小本港の南、茂師海岸(もしかいがん)近くにある景勝地が熊の鼻展望台。三陸海岸特有の海食洞を眺める展望台で、岬のかたちが熊の鼻のようだというのがその名の由来。国道45号の小本トンネル手前で旧国道に入ると駐車場と東屋があり、400mほど遊歩道を歩けば展望台が。

小本港方面を眺望するビュースポット

熊の鼻展望台

小本港のある北側を眺望する熊の鼻展望台は、三陸復興国立公園屈指のビューポイント。
周辺の断崖上に松の老木が茂り、風情ある景観を生み出し、「みちのく潮風トレイル」(岩泉町南部〜宮古市北部区間)の見どころのひとつにもなっています。
国土地理院の地形図にも熊之鼻と記されていますが、岬のかたちが熊のようだというのは後付で、隈(くま)、つまりは曲がって入り込んだ所という地形に由来する可能性も。
地元のパンフレットなどに「熊の鼻は展望台から見える海蝕洞のある半島」とする解説もありますが、地形図では展望台のある岬が熊の鼻です。

茂師海岸は、アンモナイトなど1億年前の貝化石の産地として有名。
昭和53年には白亜紀の地層から日本で初めての草食性大型恐竜(モシ竜と通称)の化石が発見されています。
一帯は、三陸ジオパークのジオサイト「茂師海岸の原地山層と宮古層群の不整合露頭(ふせいごうろとう)」にも。

旧国道には「モシ竜化石発見地」もあり、発掘されたモシ竜の上腕骨は、岩手県立博物館(盛岡市)に展示されています。
国道沿いにも茂師海岸展望の駐車スペースがあるので時間が許せば寄り道を。

熊の鼻展望台
名称 熊の鼻展望台/くまのはなてんぼうだい
所在地 岩手県下閉伊郡岩泉町小本
関連HP 岩泉町公式ホームページ
電車・バスで 三陸鉄道北リアス線小本駅から岩手県北バス宮古行きで10分、茂師下車、徒歩5分
ドライブで 東北自動車道盛岡南ICから約110km
駐車場 5台(展望台横/無料)、400m離れた地点に15台
問い合わせ 岩泉町経済観光交流課 TEL:0194-22-2111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ