夏油温泉の石灰華(石灰華ドーム)

夏油温泉の石灰華(石灰華ドーム)

岩手県北上市、夏油川の上流に湧く国民保養温泉に指定される夏油温泉(げとうおんせん)。ブナの森に囲まれた源泉地帯にある国の特別天然記念物に指定されるのが夏油温泉の石灰華。温泉中に含まれる炭酸カルシウムが岩肌に付着し、ドーム状の岩となったもの。国内でも最大規模の石灰華ドームです。

日本一の大きさを誇る石灰華ドーム

夏油温泉で、天狗の岩(天狗の湯)と呼ばれる巨岩が夏油温泉の石灰華(石灰華ドーム)。
夏油温泉一帯では、随所に温泉が湧出し、大小の石灰華の付着が観察できますが、そのうち最大のものが天狗の岩(天狗の湯)。
頂上部の直径は7m、下底部の直径は25m、高さは17.6mもある巨岩です。
温泉中に含まれる炭酸カルシウム(CaCO3 )が、地表に湧き出る際の圧力と泉温の下降で、岩肌に付着したもの(炭酸ガスなどは分散して放出され、温泉水に溶けていたカルシウム分が水に溶けない炭酸カルシウムになって岩肌などに付着)。

夏油温泉駐車場からは徒歩で10分(台風後などは、遊歩道が崩壊し、立ち入れない場合があるので、夏油温泉で確認してから通行を)。
階段も多いので、足回りはしっかりと。

ちなみに岩手県内の特別天然記念物は、夏油温泉の石灰華のほか、県内に生息するカモシカ、早池峰山及び薬師岳の高山帯・森林植物群落(花巻市、遠野市)、根反の大珪化木(ねそりのだいけいかぼく/一戸町)、焼走り熔岩流(八幡平市)があります。

夏油温泉の石灰華(石灰華ドーム)
名称 夏油温泉の石灰華(石灰華ドーム)/げとうおんせんのせっかいか(せっかいかどーむ)
所在地 岩手県北上市和賀町岩崎新田
関連HP 北上観光コンベンション協会公式ホームページ
電車・バスで JR北上駅から夏油温泉行きバス(5月中旬~11月中旬運行)で1時間6分、終点下車
ドライブで 東北自動車道北上金ヶ崎ICから約26km、北上江釣子ICから約27km、秋田自動車道北上西ICから約22km
問い合わせ 北上観光コンベンション協会 TEL:0197-65-0300
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
夏油温泉 元湯夏油

夏油温泉 元湯夏油

岩手県北上市のブナの原生林に囲まれた夏油渓谷に湧く秘湯で、難読温泉でもある夏油温泉(げとうおんせん)。2軒の宿のうち、元湯となるのが元湯夏油。歴史ある湯治場で本館・別館、駒形館・嶽館の旅館部(70室)、紅葉館・薬師館・夏油館・経塚館の自炊部

岩手山焼走り熔岩流

岩手山北東の山腹、標高1200m付近に残る溶岩流の跡が岩手山焼走り熔岩流。1732(享保17)年正月の大噴火の際、流れ出した溶岩が固まったもので、最大幅1km、長さ3km。片道約1kmの溶岩流観察路が整備され、岩手山の勇姿を眺望しながら散策

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ