ござ九(茣蓙九 森九商店)

ござ九(茣蓙九 森九商店)

岩手県盛岡市紺屋町にある豪商の面影を今に伝える商家がござ九(ござく/茣蓙九)・森九商店(もりくしょうてん)。文化13年(1816)年創業で、江戸後期から明治にかけて灯明用の灯心売や藁工品などを扱ってきました。現在も昔ながらの商家建築で、荒物・日用品を扱い、籠(かご)や笊(ざる)、小物入れなど日常的に使えるもの多数。

江戸時代創業の荒物店が現役!

ござ九(茣蓙九 森九商店)
中津川から見るござ九

盛岡市内に流れる中津川を背に、今も荒物、日用品を扱うござ九。
昔ながらの箱型竹製物入れ「弁当かご・文庫」、豆腐売りが来たときに受け取り用に使った竹製の「豆腐かご」、山菜採りや茸採りなどに使う円筒状の形をした竹製の「長腰かご」、椀の水切りや保管に使われてた竹製の「椀かご」、さらには笊(ざる)の数々など、今では見慣れなくなった竹製品もズラリと並んでいます。
藁(わら)で編み上げられた藁沓(わらぐつ)、雪に埋もれない輪かんじきなどは、民芸品として購入する人が多いのだとか。

通信販売も行なわれています。

黒壁が印象的な2階建ての建物(増築を重ね、全長は24mもあります)は、盛岡市の保存建造物に指定。
商店と一目でわかるような看板は立っていないので、ご注意を。
店頭の竹箒(たけぼうき)などが目印です。

ござ九(茣蓙九 森九商店)
名称 ござ九(茣蓙九 森九商店)/ござく(ござく もりくしょうてん)
所在地 岩手県盛岡市紺屋町1-31
関連HP ござ九(茣蓙九 森九商店)公式ホームページ
電車・バスで JR盛岡駅から徒歩25分
ドライブで 東北自動車道盛岡ICから約6.5km
駐車場 3台/無料
問い合わせ ござ九(茣蓙九 森九商店)TEL:019-622-7129/FAX:019-654-8055
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ