丸亀城・天守

丸亀市のシンボルともなる丸亀城は、1597(慶長2)年、豊臣秀吉の重臣・生駒親正(いこまちかまさ)が、西讃防備のために、高松城の支城として5年の歳月を掛けて築いた城。三重三層入母屋造の天守閣は、日本に現存する12の木造天守のひとつで、国の重要文化財に指定されています。

現存する12天守のひとつで「現存日本最小の天守」

天守脇に入口が
急峻な階段

現存する天守が築かれたのは寛永20年~万治3年(1643年~1660年)頃、京極高和が6万石で入封した時代。
京極時代に城の裏口にあたる海側の搦め手門を大手門(表門)に変更しているので、大手門から天守を見上げる現在のスタイルはこの時に完成したものです。

天守というものの高さも15mほどの御三階櫓なので、現存する12天守のなかで「最小の天守」となっています。
四国には、松山城(愛媛県松山市)、宇和島城(愛媛県宇和島市)、高知城(高知県高知市)と合計4ヶ所の現存天守がありますが、そのなかで最古の天守が丸亀城の天守です。

1階北側(大手側)には石落しや狭間(さま)もあり、実戦的な防備が完備。
それでいて唐破風や千鳥破風を巧みに配置し優雅な雰囲気を醸し出しています。

往時には本丸には天守のほかに隅櫓(すみやぐら)、櫓を結んでの多聞(たもん=城郭の石垣上に建てられた長屋で、城壁よりも強固な防御施設)もあり、土塀が巡らされるなど堅牢な防備を誇っていました。

初日の出を迎える会

丸亀城天守前の本丸広場で、元旦には丸亀市体育協会主催の『初日の出を迎える会』が開催されています。
例年、天守前では小豆粥が振る舞われ、福袋の抽選会に長蛇の列ができます。

初日の出は讃岐富士の右側から昇ります。

初日の出前の讃岐富士
初日の出に赤く染まる天守
讃岐富士の右裾から昇ります

丸亀城・天守 DATA

名称 丸亀城・天守閣/まるがめじょう・てんしゅ
所在地 香川県丸亀市一番丁
公式HP http://www.marugame-castle.jp/
電車・バスで JR丸亀駅から徒歩15分
ドライブで 瀬戸中央自動車道坂出北ICを出て右折、白金町3交差点を右折、県道33号を丸亀市方面へ6km、丸亀市役所を左折して300m
駐車場 丸亀城内資料館南側(50台)・市民ひろば駐車場(22台)/無料
問い合わせ 丸亀市文化財観光案内会事務局TEL:0877-22-6278/FAX:0877-24-8868

現存12天守に登城しよう!

2018年5月15日

丸亀城

2017年6月29日

丸亀城 山下御殿跡

2017年6月29日

丸亀城本丸

2017年6月29日

丸亀城三の丸

2017年6月29日

丸亀城二の丸

2017年6月29日

丸亀城 大手二の門

2017年6月29日

丸亀城 大手一の門

2017年6月29日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ