片貝まつり

片貝まつり

新潟県で行なわれる夏の花火大会の締めとなるのが毎年9月9日〜10日に小千谷市片貝町で行なわれる『片貝まつり』の奉納花火大会。浅原神社の秋季例大祭で、打ち上げられる花火のレベルは高く、日本で最初に正三尺玉(明治24年)、正四尺玉(ギネスブック登録)を打ち上げた花火大会で、現在も「打ち上げ花火世界一」を自認しています。

浅原神社秋季例大祭での奉納花火という形式を今に伝える

片貝まつり

浅原神社(神仏混淆時代には熊野信仰の王子権現)への奉納花火は、江戸時代中期以前に遡るという歴史あるもの。
現在も基本的に奉納花火で、子供の誕生祝い、結婚祝い、家内安全、健康祈願、社業発展、物故者追善供養などなど、想いが込もった花火が夜空に打ち上げられています。

直径がおよそ4尺(約120cm)の正四尺玉は、重量約420kgもあり、発射する筒も高さ5.2m、厚さ1.8cmという鋼鉄製。
ミニロケットの発射台のような打上用の煙火筒から、ドドーンと高度800mにまで上がり、直径800mという大輪の花を咲かせるのです(一発ごとに、コメントが放送されてから花火が打ち上げられる仕組み)。
奉納される花火の7~8割が尺玉花火で、注目の「打ち上げ花火世界一」という正四尺玉は9月9日・10日両日の22:00に打上げられます。

9月10日14:00〜日本唯一という「真昼の三尺玉」も打ち上がります(同級会古希の人たちの奉納)。
また、9月9日には3尺玉の木筒を引っ張る「伝統筒引き」、9月10日には「古式玉送り」などの伝統行事も行なわれています。

昭和60年9月10日、世界初の正四尺玉が夜空に上がった!

片貝まつり
片貝まつり
片貝まつり

花火打ち上げ場所の背後が屏風状の山並みなので、反響する轟音がすごいというのも特長です。

昭和60年9月10日、『片貝まつり』で、小千谷市立片貝中学校第18回卒業生同窓会(永遠会)が奉納し、地元の煙火メーカーの片貝煙火工業の花火師・本田善治さんが打ち上げたものが、世界初で「世界最大の打上花火」としてギネス・ワールドレコーズ(ギネスブック)に登録されています。

また、小千谷市片貝町は、白血病を患った妹に、兄が世界一の花火を打ち上げるという兄弟のきずな(実話)を描き、平成22年公開の日本映画『おにいちゃんのハナビ』(主演:高良健吾、監督:国本雅広、主題歌:藤井フミヤ『今、君に言っておこう』)のロケ地。

平成15年放映のNHK連続テレビ小説『こころ』では主人公・末永こころ(中越典子)の父・末永沢朗(寺尾聰)は新潟県山古志村(現・長岡市)の花火職人という設定で、『片貝まつり』での花火の打ち上げシーンも登場しています。

片貝まつり DATA

片貝まつり
開催日 9月9日〜9月10日
時間 19:30~22:20
関連HP 小千谷市観光サイト
片貝町煙火協会公式ホームページ
所在地 新潟県小千谷市片貝町
場所 浅原神社
電車・バスで JR上越線小千谷駅からバスで20分
ドライブで 関越高速道長岡南越路スマート
駐車場 臨時駐車場を利用、詳しくはホームページを参照/td>
問い合わせ 片貝町煙火協会 TEL:0258-84-3900
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ