知覧特攻平和会館

知覧特攻平和会館

鹿児島県南九州市知覧町にある「知覧特攻遺品館」を前身とする歴史博物館が知覧特攻平和会館。太平洋戦争末期、陸軍の知覧特攻基地が置かれた地、知覧。この特攻平和会館は、陸軍特別攻撃隊員の遺影、遺品、記録等貴重な資料を収集・保存・展示し、戦争の悲惨さ、平和・命の尊さを訴えています。

散った命を弔い、平和の尊さを訴える資料館

「知覧特攻遺品館」の事務局長で初代館長となった元特攻隊員・板津忠正(いたつただまさ)さんが収集したものを中心に、写真、遺書などの遺品4500余点、特攻隊員の遺影1036柱などが展示され、「必ず死ぬ運命にある。だが、その日がいつ来るか分からない。そんな特攻隊員としての毎日をどう送ったのか」(板津忠正さん)を知ることができます。

板津さん自身も20歳で陸軍加古川飛行場(兵庫県)で戦闘訓練を受け、両親と小学校の先生宛てに遺書を書き、知覧飛行場に移動して2日後の昭和20年5月28日に、機関銃を外した九七式戦闘機で出撃。
沖縄の手前でエンジントラブルを起こし、徳之島(鹿児島県)の砂浜に不時着、島民に救助されて知覧に戻ったところ、6月23日に沖縄が陥落し、8月15日に総特攻命令が出ましたが、突然中止になり、8月16日の終戦を迎え、命が救われています。

復員後は名古屋市役所に勤めながら、測量技師の資格を取得。
同時に、全国を慰霊行脚して、特攻隊の遺族を訪ね歩き、遺書や手紙を借りてコピー、遺影を複写したのです。
開館後も、全員の遺影が揃う平成6年まで全国行脚は続けられました。

世界で唯一原型を留めた良好な状態で現存する四式戦闘機「疾風」I型甲、そして薩摩川内市の甑島沖約500m、水深約35mに沈んでいたものを引き上げ修復した零式艦上戦闘機五二型丙(機体前部と主翼、主脚のみ現存)が保存展示され、映画『俺は、君のためにこそ死ににいく』の撮影に使用された一式戦闘機「隼」III型甲(実寸大精巧レプリカ)も展示。

一帯は知覧平和公園として整備され、知覧特攻平和会館の外には、特攻平和観音堂、特攻銅像、母の像が建ち、静かに平和を祈っています。

板津忠正さんは、晩年を愛知県犬山市で暮らし、平成27年に90歳で天寿を全うしています。
生前、「自分たちが特攻隊として犠牲になれば、多くの国民を救うことができるという気持ちでした。無駄死に、戦争の美化だという捉え方が、私には耐え難く、それが活動の原動力だったと思います。特攻についていろんな見方があっていい。ですが、戦争が生み出した一つの事実であり、いつまでも忘れないでもらいたい」と語っていました。

画像協力/公益社団法人鹿児島県観光連盟、鹿児島県南薩地域振興局

知覧特攻平和会館
名称 知覧特攻平和会館/ちらんとっこうへいわかいかん
所在地 鹿児島県南九州市知覧町郡17881
関連HP 知覧特攻平和会館公式ホームページ
電車・バスで 鹿児島市山形屋バスセンターから鹿児島交通の知覧行きバスで1時間20分、中郡下車、タクシーで5分
ドライブで 南薩縦貫道南九州知覧ICから約2km
駐車場 250台/無料
問い合わせ 知覧特攻平和会館 TEL:0993-83-2525/FAX:0993-83-4859
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ