宇宙科学技術館

種子島にある宇宙航空研究開発機構(JAXA)が運営する日本のロケット開発、打ち上げの中心施設、種子島宇宙センターに併設された宇宙開発の展示館。平成9年3月26日に、「きぼう」日本実験棟(JEM)実物大模型、宇宙情報センターなどを増設。名称を宇宙開発展示館から宇宙科学技術館に改めて、リニューアルオープンしたもの。

ロケットの打ち上げから宇宙ステーションまで詳しく解説

ロケット打ち上げを紹介する「ロケットエリア」、人工衛星の働きを詳しく解説する「サテライトエリア」、宇宙ステーションを紹介する「ステーションエリア」、宇宙の謎や生命の起源を探るために長い旅に出る探査機や未来の宇宙開発を解説する「フロンティアエリア」と4エリアで構成され、さらにシアターホール、人気のミュージアムショップが併設されています。

「きぼう」日本実験棟実物大モデルでは国際宇宙ステーション計画の一翼を担う「きぼう」日本実験棟の内部に入り、実際のスケールを体感できる仕組み。
「きぼう」フォトスポットでは無重力空間にいるかのような写真が撮れるので、インスタ映えする写真を撮ることも可能なスポットになっています。

じっくり回れば1時間は必要です。
 

宇宙科学技術館 DATA

名称 宇宙科学技術館/うちゅうかがくぎじゅつかん
Space Museum
所在地 鹿児島県熊毛郡南種子町茎永
関連HP JAXA宇宙航空研究開発機構公式ホームページ
ドライブで 種子島空港から約31km
駐車場 43台/無料
問い合わせ TEL:0997-26-9244/FAX:0997-26-9245
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

取材協力/内閣府

種子島宇宙センター

2017年12月23日
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ