黒之瀬戸大橋

黒之瀬戸大橋

鹿児島県阿久根市と長島(長島列島の島/長島町)の間にある黒之瀬戸(くろのせと)に架るトラス橋が黒之瀬戸大橋。潮流の速い黒之瀬戸に橋脚を建てることは困難なため、主径間長300mという三径間連続トラス橋が架けられています。昭和49年4月9日に開通し、1日24往復というそれまでの県営渡船が廃止になっています。

早瀬をまたぐ国内5位となるトラス橋

黒之瀬戸大橋

長島の南端、九州本土との間には幅500mほどの黒之瀬戸があり、交通の難所となっていました。
当初は、有料道路として供用されましたが、平成2年9月21日に無料開放されています。
開通時には鹿児島県道阿久根牛深線でしたが、現在は国道昇格して国道389号に。

黒之瀬戸の潮流はもっとも速い時で8ノットで、地元鹿児島県などでは「日本三大潮流」ともPRしています。
平成30年度には阿久根市側の梶折鼻公園が拡張され「うずしお展望所」が整備され、大潮の際にはうず潮を見物できます。
また、長島町側にも高台に「うずしおパーク展望台」が整備されています(道の駅「黒之瀬戸だんだん市場」から狭い車道で到達)。

ちなみに、一般的に「日本三大潮流」は、最速の鳴門海峡=10.5ノット(時速19.4km)、来島海峡=10.3ノット(時速19.1km)、関門海峡=9.4ノット(時速17.4km)とされています。

名称 黒之瀬戸大橋/くろのせとおおはし
所在地 鹿児島県阿久根市脇本〜出水郡長島町山門野
関連HP 長島町公式ホームページ
電車・バスで 南国交通バス黒之瀬戸から徒歩12分
ドライブで 南九州西回り自動車道阿久根北ICから約8km
駐車場 黒之瀬戸だんだん市場駐車場を利用
問い合わせ 阿久根市商工観光課 TEL:0996-73-1114
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

日本三大潮流とは!?

「鳴門の渦潮」(なるとのうずしお)で知られる鳴門海峡。有名な渦潮は直径20~30mに達して、日本最大の潮流。これに続くのが来島海峡(くるしまかいきょう)。そして平家が滅んだ源平合戦で有名な壇ノ浦の戦いも1日に4回潮流の向きが変わるという関門

日本の橋ランキング/ トラス橋 ベスト10

日本の橋ランキング/ トラス橋 ベスト10

部材同士を三角形につなぎ合わせた構造がトラス構造で、安全性と耐久性を確保するために橋にはトラス構造が採用されることがあります。筋かいを入れることで構造強度を強めるもので、耐震構造にも優れた橋がトラス橋 というわけなのです。しかも東京ゲートブ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ