川崎市立日本民家園

川崎市立日本民家園

神奈川県川崎市多摩区、生田緑地内の自然を活かし、歴史ある古民家を保存することを目的に昭和42年に開園した野外博物館が、川崎市立日本民家園。農村歌舞伎の「旧船越の舞台」(国の重要文化財)など国・県・市の文化財に指定される25棟の建物が建っています。

日本全国から貴重な古民家を移築保存する野外博物館

川崎市立日本民家園

正門を兼ねた本館が展示室で、「日本の民家」、「民家の普請」、「民家の立地と屋敷構え」で、民家に関する基本知識をインプットできます。
全国各地から移築された建物は、宿場、信越の村、関東の村、神奈川の村、東北の村などに大別され、地元神奈川県の古民家は秦野市から移築の北村家住宅(国の重要文化財)、地元川崎市多摩区では、清宮家住宅(神奈川県の文化財)など。
民家園誕生のきっかけとなった川崎の民家としては、川崎市麻生区金程から移築の伊藤家住宅が国の重要文化財です。
多摩川の「菅の渡し」(すげのわたし/当初の場所は稲田堤の京王相模原線鉄橋横)にあり、昭和45年まで使われていた船頭小屋(昭和4年築)も移築され、往時を偲ぶことができます。

川崎市立日本民家園
川崎市立日本民家園
名称 川崎市立日本民家園/かわさきしりつにほんみんかえん
所在地 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1
関連HP 川崎市立日本民家園公式ホームページ
電車・バスで 小田急線向ヶ丘遊園駅から徒歩15分
ドライブで 東名高速道路東名川崎ICから約3km
駐車場 東口駐車場(185台/有料)・西口駐車場(68台/有料)
問い合わせ 川崎市立日本民家園 TEL:044-922-2181
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
生田緑地ばら苑

生田緑地ばら苑

神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目にあるバラ園が、生田緑地ばら苑。春バラ(5月上旬~5月下旬)、秋バラ(10月中旬~11月上旬)の年2回、バラの開花シーズンだけ開園する施設で、800種、3300株のバラが咲き誇るローズガーデンです。開園期間には

生田緑地

生田緑地

東名高速道路川崎ICの北側、多摩丘陵の一角に位置する神奈川県川崎市最大の緑地公園が生田緑地(いくたりょくち)。総面積95.5ha、計画予定地を含めると面積は179.3haという広大なもの。緑豊かな園内では植物観察やバードウォッチングも可能。

かわさき宙と緑の科学館

かわさき宙と緑の科学館

神奈川県川崎市多摩区枡形7丁目、生田緑地の一角にあるのが、かわさき宙と緑の科学館(かわさきそらとみどりのかがくかん)。川崎市唯一の自然系博物館で、「自然体験」、「天文体験」、「科学体験」の3つの感動体験をテーマにしています。次世代プラネタリ

妙楽寺

妙楽寺

神奈川県川崎市多摩区、生田緑地の東、長尾丘陵にある天台宗の寺が、妙楽寺。仁寿元年(851年) 、円仁が威光寺を建立したことに始まるという古刹。境内には28種1000株のアジサイが植栽され、川崎のあじさい寺としても有名。6月第3日曜には『長尾

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ