小田原ちょうちん灯台(小田原港新第1号防波堤灯台)

小田原ちょうちん灯台(小田原港新第1号防波堤灯台)

神奈川県小田原市早川、小田原港(早川漁港)にあるデザイン灯台が、小田原ちょうちん灯台(小田原港新第1号防波堤灯台)。港湾部の東に赤色の第1号、西に白色の第2号があり、ペアで赤白の小田原ちょうちんを表現しています。残念ながら防波堤先端部は立入禁止です。

赤白ペアで小田原ちょうちんを表現するデザイン灯台

平成10年2月25日初点灯で、塔高7.2m、平均海面から灯火までの灯火標高は13m、光達距離は3.0海里(5.56km)です。

「天下の険」と称された箱根越えをする旅人に愛用された「小田原ちょうちん」は、「道中の魔除け」、「携帯に便利」、「丈夫でしっかりしている」を三徳に掲げてPR、全国的にも有名になったのです。

その「小田原ちょうちん」にあやかって、道中・海上安全の願いを込めて建設されたのが小田原ちょうちん灯台。

灯台の建つ防波堤先端部は危険防止で立入禁止のため、残念ながら灯台に近づくことはできません。
防波堤の横に巨大な消波ブロックが並び、その隙間に転落すると脱出できない恐れがあり、非常に危険なのです。
このため、消波ブロックが設置されている場所は、全面的に立入禁止、さらに防波堤についても、海面からの高さが10mを越える場所があり、一部立入禁止になっています。
新1号防波堤では、先端部と消波ブロック(テトラポッド)設置箇所が立入禁止場所です。

湘南海岸のデザイン灯台は、小田原ちょうちん灯台(小田原港1号防波堤灯台)のほか、葉山港A防波堤灯台湘南港灯台(江ノ島ヨットハーバー)、大磯港西防波堤灯台、小田原ちょうちん灯台(小田原港新第2号防波堤灯台)があります。

小田原ちょうちん灯台(小田原港新第1号防波堤灯台)
名称 小田原ちょうちん灯台(小田原港新第1号防波堤灯台)/おだわらちょうちんとうだい(おだわらこうしんだいいちごうぼうはていとうだい)
所在地 神奈川県小田原市早川
関連HP 神奈川県公式ホームページ
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
小田原ちょうちん灯台

小田原ちょうちん灯台(小田原港2号防波堤灯台)

神奈川県小田原市早川、早川港から突き出した堤防上にある小田原港2号防波堤灯台が、小田原ちょうちん灯台。すぐ横(早川港側)を西湘バイパス石橋支線の小田原ブルーウェイブリッジがまたいでいます。「小田原ちょうちん」をテーマにした小田原らしいデザイ

大磯港西防波堤灯台

大磯港西防波堤灯台

神奈川県中郡大磯町大磯、大磯港から突き出した防波堤の先端にあるのが、大磯港西防波堤灯台。基部のほうが狭く、上部が広いという逆末広がりで、大磯の未来を象徴させたデザイン灯台で、湘南海岸では早川港のおだわら提灯灯台などとともに、注目のデザイン灯

関東周辺デザイン灯台 全9基

海上保安庁がデザイン灯台と認定する灯台は、関東周辺の海を担当する第三管区海上保安本部管内(茨城県〜静岡県)には9基。伊豆諸島(東京都)に2基、湘南海岸(神奈川県)に5基、そして東伊豆(静岡県)に2基です。お近くに旅する際には、ぜひ確認を。岡

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ