ニセコ大橋

ニセコ大橋

北海道虻田郡ニセコ町、函館本線と尻別川を跨ぎ、ニセコ町の南北を結ぶ北海道道66号(岩内洞爺線)の橋がニセコ大橋。平成6年に完成した全長360mのニールセン・ローゼ桁橋で、隣接してニセコ大橋駐車公園が整備され、橋の上の歩道は、羊蹄山、ニセコアンヌプリ、そして尻別川のビューポイントになっています。

ニセコの自然に調和するよう黄色く塗装

ニセコ大橋は、シーニックバイウェイ「支笏洞爺ニセコルート」(羊蹄山とニセコの自然が与える感動のみち)のルート上に位置しています。

鮮やかな黄色に塗装されているのは、ニセコの自然に調和することを考慮してとのこと。
ニセコ大橋は、地域住民と地元自治体が協力しながら、地域の特色を活かした道づくりをする「マイウェイ・アワーロード事業」に北海道から認定され、本町商店街の再整備、道道岩内洞爺線の「綺羅街道」としての拡幅整備などと一体化して行なわれています。

沿線には地域住民が丹誠込めて育てた花なども植栽、ドライブ途中の立ち寄りスポットにも絶好。

ニセコ大橋
名称 ニセコ大橋/にせこおおはし
所在地 北海道虻田郡ニセコ町
電車・バスで JRニセコ駅から徒歩5分
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ