八幡平八幡沼

深田久弥の「日本百名山」の一座、八幡平(はちまんたい)山頂部にある八幡沼は標高1560m、長径570m、最大幅190m、深さ22.4mで、八幡平湖沼群の中でもっとも大きく、もっとも深い沼。6000年前に起こった水蒸気爆発で誕生した火口湖のひとつです。

八幡平湖沼群の中で最大の沼

西に八幡平山頂(1613.3m)、東にアオモリトドマツ(オオシラビソ)茂る源太森(げんたもり/1595m)があり、周囲をなだらかな丘陵(森)に囲まれています。
八幡沼は天候により沼の色が変化することでも知られ、沼の周囲には、湿原を経て沼を一周できる木道が整備されています。

また八幡平頂上駐車場から沼の南に位置する見返峠(みかえりとうげ)を越え、八幡沼を経て源太森、黒谷地湿原へと続くハイキングコースも用意されているので、時間が許せばぜひトレッキングを。

一帯はアオモリトドマツ(オオシラビソ)の原生林で、八幡平ほど見事な樹海を形成する場所は稀(まれ)。

沼の北側には避難小屋「陵雲荘」(りょううんそう)もあるので天候急変の際には逃げ込むことが可能。

ちなみに八幡沼という名前は、坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が志波城(しわじょう/現・盛岡市)築城後、岩手山を拠点とする大武丸(大猛丸)攻撃の際に、源太森を物見台にして、八幡沼のほとりに全軍を集め、8本の旗を立てて八幡大菩薩を勧請し、戦勝を祈願したことに由来するという伝承が残されています。
八幡平という名もこの八幡沼伝承がルーツ。

 

取材班おすすめ! 八幡平のリゾートホテル

八幡平に泊まるなら、雄大な自然を活かしたリゾートホテルがおすすめ。
DAIWA ROYAL HOTEL(大和リゾート)のアクティブリゾーツ 岩手八幡平(旧・八幡平ロイヤルホテル)、八幡平マウンテンホテル(旧・八幡平リゾートホテル)、少し足を伸ばしたホテル安比グランド(本館&タワー館)なら冬のスキーリゾートとしても活用できます。
逆に言えば、夏場はまだまだ比較的オフシーズン的な扱いで、他のリゾート地よりもエコノミーに滞在できます。
「夏はスキー場、冬は海水浴場へ」というのが取材班おすすめのセオリーにもバッチリと当てはまります。

アクティブリゾーツ 岩手八幡平(旧・八幡平ロイヤルホテル)

DAIWA ROYAL HOTEL(大和リゾート)のチェーンホテル。
ゆったりとした部屋、そしてのんびりできる露天風呂は、ロイヤルホテルならではで、くつろぐことができます。
夏休みも意外のお手頃の料金設定で、おすすめできます。
少し遅い夏休みを9月にとればなおお得な料金設定です。
 

八幡平マウンテンホテル(旧・八幡平リゾートホテル)

2017年9月5日「八幡平マウンテンホテル」に改称し、リニューアルオープン。
以前はJR系のリゾートホテルでしたが、施設のゆったりとした造りは昔のまま。
夏場なら奮発して和洋室に泊まっても、意外にエコノミーなので、ファミリーなら和洋室などの利用もおすすめです。
 

ホテル安比グランド(本館&タワー館)

東八幡平エリアから少し足を伸ばして安比へ。
スキーで有名な安比ですが、その基地となるホテル安比グランド(本館&タワー館)は、本格派のリゾートホテルで、和・洋・中・焼肉・バイキングとバリエーションをそろえた5つのレストランが自慢。
まさに滞在型のリゾートで、夏休みなら本館のメゾネットに泊まっても案外エコノミーで驚きます。
 

 

八幡平八幡沼 DATA

名称 八幡平八幡沼/はちまんたいはちまんぬま
所在地 岩手県八幡平市八幡平
関連HP 八幡平市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR盛岡駅前から岩手県北バス八幡平頂上行きで2時間、終点下車、徒歩20分
ドライブで 東北自動車道松尾八幡平ICから県道45号(柏台松尾線)を6kmで八幡平アスピーテラインの入口、東八幡平。さらに八幡平アスピーテラインを21kmで山頂駐車場
駐車場 八幡平頂上第二駐車場(八幡平頂上レストハウスから東に300m)を利用/無料
問い合わせ 八幡平市観光協会TEL:0195-78-3500/FAX:0195-78-3838
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

紅葉絶景ドライブ(9)八幡平アスピーテライン

2018.09.27

八幡平 黒谷地湿原

2017.07.14

八幡平山頂遊歩道

2017.07.14

八幡平ガマ沼

2017.07.14

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ