平家の滝

平家の滝

高知県高知市を流れる的渕川の支流に懸かる滝が平家の滝で、池河内の滝とも呼ばれています。2段になって落下し、落差は30mほど。源氏に追走され、平家の落人がこの滝壺に身を投げたという伝承が名の由来。近くにある貴船大明神(四十八社、瀧神社)は、雨乞いの神様ですが、滝壺に身を投げた平家の落人48名を祀るという伝承が。

周辺は平家の滝森林公園として整備

高知県道33号(南国伊野線)からさらに的渕川沿いの道に入り(すれ違い不可の場所などもあり、運転は慎重に)、滝の標示に従って左折すれば、支流に懸かる平家の滝。
一帯はイヌシデ、イロハモミジなどの落葉樹、スダジイ、ウラジロガシ、カゴノキなどの常緑樹が茂り、平家の滝森林公園として散策路(登山道的な山道です)が整備されています。
厳冬期には氷瀑となることも。

名称 平家の滝/へいけのたき
所在地 高知県高知市鏡横矢
ドライブで 高知自動車道高知ICから約20.5km
駐車場 滝入口駐車場を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
樽の滝

樽の滝

高知県高知市を流れる鏡川の支流・穴川川の最上流部に位置する滝。2段となって落下し落差は65m(上段40m・下段25m)。増水すると大樽を揺るがすような音がするのが名の由来となっています。滝は修験者の行場だった歴史も有し、滝近くにある龍神宮は

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ