岩崎弥太郎像

岩崎弥太郎像

高知県安芸市、岩崎弥太郎生家近くに立つのが、岩崎弥太郎像。昭和60年、岩崎弥太郎生誕150年を記念して有志が上江ノ川公園に建立し、その後、生家前に移設されたもの。像の高さは3.3m、台座の高さ1.1mという立派な像で、和服姿で海に向かって立っている弥太郎をイメージしています。

生家前に立つ、三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎の像

岩崎弥太郎像

三菱発展の礎(三菱財閥の創業者)、岩崎弥太郎は、天保5年12月11日(1835年1月9日)、土佐国安芸郡井ノ口村(現・安芸市井ノ口)に生誕。
三菱の創業者をして知られ、明治維新後のイメージが強いのですが、実は海援隊の会計を担当していた経緯があり、坂本龍馬、長崎とも深い関係があります。
坂本龍馬とは後藤象二郎の叔父・吉田東洋(よしだとうよう)の私塾で出会い、交流もあったため、平成22年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』では、岩崎弥太郎の視点で龍馬が描かれています。
長崎での龍馬との交流は短い期間でしたが、岩崎弥太郎が海運業に着目する原点が生まれています。

岩崎弥太郎像の制作は、お龍君枝姉妹像(安芸郡芸西村)、維新の門群像(高岡郡梼原町)、萬次郎と仲間達の群像(土佐清水市)、長宗我部元親(高知市)、吉村虎太郎像(高岡郡津野町)など、銅像を数多く作り上げた銅像作家・濱田浩造。

岩崎弥太郎の像は、グラバー商会の倒産などで苦しい経営となった高島炭鉱を買い取り、炭鉱の島としての発展に大きく貢献したこともあり、長崎県の長崎市高島石炭資料館近くにも立っています。

岩崎弥太郎像は、高知県内に16ヶ所ある「土佐偉人銅像」のひとつに数えられています。

岩崎弥太郎像
名称 岩崎弥太郎像/いわさきやたろうぞう
所在地 高知県安芸市井ノ口甲一ノ宮
関連HP 安芸市観光協会公式ホームページ
電車・バスで 土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線安芸駅からタクシーで10分
ドライブで 高知自動車道南国ICから約35km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 安芸観光情報センター TEL:0887-34-8344
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
岩崎弥太郎生家

岩崎弥太郎生家

三菱財閥を創始した岩崎弥太郎(岩崎彌太郎)は、天保5年12月11日(1835年1月9日)、土佐国安芸郡井ノ口村(現在の安芸市井ノ口)に生誕。生家は現在も岩崎家の所有で、無料で公開されています。瓦に残る家紋の三階菱と土佐藩主山内家の家紋(三ツ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ