日本一短い国道、その短さの理由は?

日本最長の国道は日本橋(東京都中央区)と青い森公園前(青森県青森市)を結ぶ国道4号で、距離はなんと739.0kmにも及びます。
この幹線国道は、「東京ヨリと函館港ニ達スル路線」で明治18年に国道六號に指定されています。
対する日本最短の国道は、兵庫県神戸市の国道174号。なんと距離は187.1m(0.1871km)。
比率でいえば、3950分の1という短さです。
なぜ、同じ国道でこんなに差があるのでしょうか?
答えは明治の開国に遡ります。

話は文明開化に遡る


国道が定められたのは明治9年の太政官布告が最初。
このとき全国各地の道は国道、県道、里道に分けられ、さらにそれぞれ一等、二等、三等に分けられました。すべての国道は東京の日本橋が起点となりましたが、これは江戸時代の「五街道」(東海道・中山道・奥州街道・甲州街道・日光街道)の名残で、最も重要な道路である一等国道には、東京と各開港場を結ぶ幹線道路が設定されました。
つまり、「東京ヨリ横濱ニ達スル路線」が壹號、「大坂港ニ達スル路線」が貳號、「神戸港ニ達スル路線」が三號、「長崎港ニ達スル路線」が四號、「新潟港ニ達スル路線」が五號、「函館港ニ達スル路線」が六號(最長国道でもある現在の国道4号)、「神戸港ニ達スル別路線」(旧中山道ルート)が七號という具合です。

一等国道が各開港場を結ぶ幹線であったのに対し、二等国道は、東京から伊勢神宮や各府(京都・大阪など)と各地の鎮台(東京・大阪・名古屋など、地方を守るために駐在する軍隊)を結ぶ道、三等国道には、東京から各県庁所在地に通じる道が選定されました。

現在は道路法によって国道の条件が規定され、「主要都市、高速道路、主要港(空港)の三点をつなぐ道路」というのがその条件となっています。
つまり、国道174号は、兵庫開港から主要港となった神戸港(神戸税関)を結ぶ道として誕生し、今もその機能を有す道として、短いながらも立派に国道として機能しているわけです。

歩いて1分足らずの短い国道。国道2号との交差点である税関前交差点から北側はフラワーロードという愛称が付いた県道に

歩いて1分足らずの短い国道。国道2号との交差点である税関前交差点から北側はフラワーロードという愛称が付いた県道に

実際に歩いてみると、200m足らずなので、実にあっけない。
物足りないので、国道の端にあった神戸税関の広報展示室に寄り道したところ、密輸の手口やコピー商品などの解説もあって結構楽しめます。
神戸税関広報展示室

実は日本で二番目に短い国道130号も東京港(日の出桟橋)と国道15号芝4交差点を結ぶ道ですし、三番目の国道198号も門司港にある「港国道」です。
もう、おわかりですね、距離の短い一般国道の上位十傑はすべて「港国道」というわけです。
その代表が国道174号ということがおわかりいただけるでしょう。

ちなみに、国道4号が最長国道と記しましたが、フェリーの走る「海上国道」を含めれば、鹿児島から種子島、奄美大島経由で那覇までをつなぐ国道58号が最長で、全長は857.6kmにもなるのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ