室戸岬灯台

室戸岬の先端に建つ室戸岬灯台は、明治32年築の白亜の灯台で現存する鉄造の灯台としては姫埼灯台(佐渡島・明治29年点灯)に次ぐ古いもので海上保安庁のAランク(23基)の保存灯台、「日本の灯台50選」にも選定されています。高台に建ち、海面から灯火部分までの高さは154.7mあります。

室戸岬の先端に建つ鉄製の灯台は光達距離日本一を誇る

日清戦争(明治27年~28年)直後の海運助成策で建設された灯台のひとつ。
建設資材は、蒸気船ではなく帆船で灯台下の月見ヶ浜に陸揚げされ、海岸から灯台の建設地までレールを敷設。
蒸気釜を設けて蒸気の力により、現在の建設地まで資材を運び上げました。

高知県下の灯台としては、高知灯台(明治16年初点灯/高知市桂浜)、甲浦灯台(明治17年初点灯/安芸郡東洋町甲浦)に次いで、3番目に設置された灯台です。

地上からの高さは15.4mと、さほど高くはありませんが直径2.6mの第一等フレネル式レンズは、日本に5ヶ所(犬吠埼灯台、室戸岬灯台、角島灯台、経ヶ岬灯台、出雲日御碕灯台)しかない大きさを誇り、灯台の光は26.5海里(49km)にまで到達します(日本一の光達距離)。

第二次世界大戦で、米軍の戦闘機から灯塔に機銃掃射が浴びせられ、当時の銃痕が現在も灯塔に残されています。

内部は、一般公開はされていませんが、毎年11月1日に近い日曜に行なわれる『室戸岬灯台まつり』の日などに限って一般公開されています。

一般公開日の様子

 

室戸岬灯台 DATA

名称 室戸岬灯台/むろとみさきとうだい
所在地 高知県室戸市室戸岬町6939-2
関連HP 室戸市観光協会
電車・バスで 土佐くろしお鉄道奈半利駅から高知東部交通バス室戸岬ホテル前・甲浦行きで55分、室戸岬下車、徒歩30分
ドライブで 高知自動車道南国ICから約81km。または、神戸淡路鳴門自動車道鳴門ICから約139km
駐車場 37台/無料
問い合わせ 室戸市観光協会TEL:0887-22-0574/FAX:0887-22-0574
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

取材・画像協力/(公財)高知県観光コンベンション協会

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ