日本の巨木 ベスト10

日本国内の巨木・巨樹は環境省の「巨樹・巨木林データベース」が基本。ところが、北金ヶ沢のイチョウ(青森県深浦町)のように、平成7年に民間団体が雑誌に発表してから、調査が入り「日本第3位の巨木」と判明したものもあります。今回は環境省自然環境局生物多様性センターなどの「幹周り」の調査報告をベースに、ベスト10を紹介します。

胸高130cmで計測した幹周りの日本の巨木ランキングを紹介

巨木、巨樹といっても、その計測方法に国際的な基準はありません。
測る位置も、根回り、胸高(120cm)、目通り(150cm)といろいろ。
しかもヨーロッパでは、日本人よりも背が高い関係から、胸高を4フィート3インチ(130cm)としています。

木にはコブ、空洞などの凹凸もあるので、同じ計測方法で測らなければ、全国的な比較、樹種別・地域別の比較などができません。

環境省の「巨樹・巨木林データベース」の調査方法は、地上から130cmの高さで、計測しています。
これはヨーロッパ人の胸高で、いわゆる国際標準。
対象は幹周りが300cm以上の巨木です。

ひょっとして、地元の山に、まだ、知られざる巨木が眠っているかもしれないので、心当たりのある人は、この「地上から130cmの高さで、計測」で調べてみるのもいいでしょう。

そんな調査方法で、判明した目下のベスト10は以下の通りです。
「奥十曽のエドヒガン」(鹿児島県大口市)をランキングに加える場合もありますが、幹周り21.0mというデータが、実際に「地上から130cmの高さで、計測」の大原則を当てはめると11mあまりしかないので、ここでは割愛しました。

巨木1位 蒲生のクス

幹周り24.22m
蒲生八幡神社/鹿児島県姶良市

蒲生のクス

2017.10.18

巨木2位 来宮神社の大楠

幹周り23.90m
来宮神社/静岡県熱海市

来宮神社の大楠(阿豆佐和気神社の大クス)

2017.10.21

巨木3位 北金ヶ沢のイチョウ

幹周り22.00m
青森県深浦町

北金ヶ沢のイチョウ

2017.10.20

巨木4位 川古のクス

幹周り21.00m
佐賀県武雄市

川古の大楠

2017.10.19

巨木4位(同数値) 本庄の大クス

幹周り21.00m
福岡県築城町

本庄の大クス

2017.10.12

巨木6位〜10位

6位 武雄の大クス(佐賀県武雄市) 幹周り20.00m
6位 衣掛の森/クスノキ(福岡県宇美町) 幹周り20.00m
8位 柞原八幡宮の大クス(大分県大分市) 幹周り18.50m
9位 隠家の森/クスノキ(福岡県朝倉町) 幹周り18.00m
10位 志布志の大クス(鹿児島県志布志町) 幹周り17.10m
10位 大谷のクス(高知県須崎市) 幹周り17.10m

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ