岡山後楽園『松の菰巻き』|岡山市|2019

岡山後楽園『松の菰巻き』

2019年10月16日(水)、岡山県岡山市の岡山後楽園で『松の菰巻き』(まつのこもまき)が行なわれます。菰巻きは、昭和50年から始まった昔ながらの害虫駆除の一つ。園内のアカマツやクロマツ240本の幹一本一本に菰(こも)を巻き付け、越冬のため枝から土に降りてくる虫を誘い込みます。

冬を迎える晩秋の風物詩

冬越しのため枝先から下りる害虫の習性を利用して菰の中に誘導するために、地上1.5m位の松の幹に菰を巻き付けておいて、翌年春の「啓蟄」(けいちつ)の前頃(2月上旬)に取り外し菰ごと焼くもの。
2人1組で、園内のアカマツやクロマツ約240本の幹に手際よく荒縄で縛っていきますが、その姿は冬を迎える晩秋の風物詩になっています。

画像協力/岡山後楽園

岡山後楽園『松の菰巻き』|岡山市|2019
開催日時 2019年10月16日(水)
所在地 岡山県岡山市北区後楽園1-5
場所 岡山後楽園
関連HP 岡山後楽園公式ホームページ
電車・バスで JR岡山駅から岡山電気軌道(路面電車)東山線で5分、城下駅下車、徒歩10分
ドライブで 山陽自動車道岡山ICから約8.5km
駐車場 250台(後楽園専用駐車場)/有料
問い合わせ TEL:086-272-1148/FAX:086-272-1147
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

岡山後楽園

水戸の偕楽園(かいらくえん)、金沢の兼六園(けんろくえん)と並んで、「日本三名園」のひとつに数えられる岡山の後楽園。岡山藩主・池田綱政によって、14年もの歳月をかけて完成。造園当時は、岡山城の後に造られた園という意味で、「御後園」と呼ばれて

岡山後楽園・芝焼き

岡山後楽園『芝焼き・松の菰焼き』|2019|岡山市

2019年2月6日(水)13:00〜15:00、岡山市の後楽園で『芝焼き』が、2月20日(水)10:00〜10:30には春を迎える後楽園の風物詩『松の菰焼き』が行なわれます。『芝焼き』は、園内に広く敷かれた芝を、順番に焼いていく作業で、春の

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ