草津温泉『氷室のふるまい』|草津町|2019

草津温泉『氷室のふるまい』

2019年6月2日(日)11:00~(採氷隊入場)、群馬県草津町の草津温泉「湯路広場」で『氷室のふるまい』が行なわれます。氷室より天然の氷を採取しその氷に石楠花を添え神前に供える「氷奉納の儀」神事終了後、あずき氷、湯茶、和菓子などのふるまいが予定されています。雨天の場合、湯畑前の「熱乃湯」を使用。

『氷室の節句』を観光イベントにアレンジ

冷蔵庫のない時代、草津温泉の湯宿の主人たちは、雪解け時期に白根山の溶岩流の谷、氷室の洞穴の中の天然氷を取り出し、その氷に石楠花の花を添え、湯治客の食膳に供し、無病息災を祈念したといい、そんな風習を今に伝える儀式です。

旧暦6月1日(西暦だと7月上旬)に、氷室の戸を開き、前年の冬の雪水で作った折餅(へぎもち)、氷餅(こおりもち)などを食したという『氷室の節句』という風習がありましたが、草津温泉では、これを観光客も楽しめるイベントとしてバーションアップさせています。

草津温泉『氷室のふるまい』|草津町|2019
開催日時 2019年6月2日(日)11:00~(採氷隊入場)
所在地 群馬県吾妻郡草津町草津
場所 草津温泉「湯路広場」
関連HP 草津温泉観光協会公式ホームページ
電車・バスで 草津温泉バスターミナルから徒歩5分
ドライブで 関越自動車道渋川伊香保ICから約57km
駐車場 180台(湯畑観光駐車場)/有料
問い合わせ 草津温泉観光協会 TEL:0279-88-0800
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ