二條陣屋

二条陣屋

京都府京都市中京区、二条城の南にある伝統的建造物(町家)が二條陣屋。江戸時代初期の陣屋(大名の宿泊所)。もとは御用商人であった小川家の住宅で、二条城の南にあるため、陣屋としても利用されるようになったもの。「小川家住宅」として国の重要文化財に指定されています。

大名が宿泊した防火、防犯に備えた珍しい町屋建築

現存する建築物3棟は、江戸時代初期の寛文年間(1661~1673年)に建てられた町屋建築で、2階13室、地下にも11室を有する数寄屋造りの大豪邸。
防火のために漆喰塗りの壁を用い、屋内にも天井の武者隠し、落とし階段、釣り梯子など、敵の侵入を防ぐ工夫が随所に施された珍しい造りです。

見学は1日4回の50分ガイドツアーが原則。

二條陣屋
名称 二條陣屋/にじょうじんや
所在地 京都府京都市中京区三坊大宮町137
関連HP 二條陣屋公式ホームページ
電車・バスで 地下鉄東西線二条城前駅から徒歩2分
ドライブで 名神高速道路京都南ICから約8km
駐車場 なし/周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 二條陣屋 TEL:075-841-0972
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ