南禅寺・最勝院高徳庵

南禅寺・最勝院高徳庵

南禅寺の最奥の地にある塔頭(たっちゅう)寺院が最勝院高徳庵。本堂の前には「縁結びの松」と呼ばれている松がある。百日紅(さるすべり)の木に松が宿ったもので、百日紅は樹齢300年、松は100年と推測されています。一帯は鎌倉時代から「神仙佳境」と呼ばれた聖地で、山中には駒ヶ滝と呼ばれる滝も落ちています。

本堂の前には「縁結びの松」がある

南禅寺・最勝院高徳庵
風流な参道
南禅寺・最勝院高徳庵
「縁結びの松」

園城寺長吏・駒道智大僧正が隠棲した天台宗園城寺の別院・最勝院があった地。
高徳庵は、最勝院般若殿と称して南禅寺の寺務所近くにありましたが大正4年に現在地に移っています。
名前の通り、勝運の寺にもなっています。
琵琶湖疏水が流れる煉瓦建築の水路閣のさらに奥に位置し、紅葉シーズンにも訪れるほとが少ない穴場の寺になっています。

南禅寺・最勝院高徳庵 DATA

名称 南禅寺・最勝院高徳庵/なんぜんじ・さいしょういんこうとくあん
所在地 京都府京都市左京区南禅寺福地町
電車・バスで JR京都駅から市バス5・57系統で34分、南禅寺永観堂前下車、徒歩8分。または地下鉄東西線蹴上駅からインクラインをくぐり歩行者専用道で徒歩5分
ドライブで 名神高速道路京都東ICから約14km
駐車場 南禅寺駐車場(50台/有料)
問い合わせ 南禅寺TEL:075-771-0365/FAX:075-771-6989
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
南禅寺水路閣

南禅寺水路閣

2018年2月25日
天授庵

天授庵

2018年2月25日
金地院

金地院

2018年2月25日
南禅院

南禅院

2018年2月25日
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ