将軍塚・京都市営展望台

将軍塚・京都市営展望台

京都府京都市山科区、円山公園裏手の華頂山(標高215m)の山上にある京都盆地一望の展望地が、将軍塚・京都市営展望台。将軍塚は、青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)の飛地、将軍塚青龍殿の境内にある古墳ですが、そこから南へ200mほどの東山山頂公園のはずれに、京都市営展望台があります。

東山山頂公園の外れに京都盆地一望の展望台が!

将軍塚・京都市営展望台

昭和34年に開通した東山ドライブウェイ沿いに設けられたのが東山山頂公園。
東山ドライブウェイは、日本道路公団の有料道路でしたが、昭和54年に無料化、京都市に移管され、京都市道渋谷蹴上線になっています。

京都市営展望台は、京都を代表する夜景鑑賞地で、夕方になれば観光タクシーもやって来る場所です。
京都タワーを簡単に見つけることができ、二条城、御所など京都市街の位置関係がよくわかります。

将軍塚青龍殿の境内にある大舞台は、毎年春と秋に行なわれる、夜の特別拝観・ライトアップのみ夜間の拝観が可能なため、それ以外のシーズンには京都市営展望台に人気が集中します。

徒歩の場合には、円山公園・吉水弁財天堂から圓山稲荷を経て将軍塚道を徒歩で20分ほど(石段の道に始まり、途中からは山道なので夕方以降の歩行はおすすめできません)。

将軍塚・京都市営展望台
名称 将軍塚・京都市営展望台/しょうぐんづか・しえいてんぼうだい
所在地 京都府京都市東山区粟田口高台寺山町
電車・バスで 地下鉄東西線蹴上駅からタクシーで10分
ドライブで 名神高速道路京都東ICから約6.5km
駐車場 50台/無料
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
将軍塚青龍殿

将軍塚青龍殿

京都府京都市山科区、円山公園裏手の華頂山山頂、青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)の飛地境内である将軍塚(大日堂)に平成26年10月、国宝の青不動(青不動明王二童子像)を祀るために建てられたの将軍塚青龍殿。青不動を奥殿に安置し、精密な複製画

将軍塚大舞台

将軍塚大舞台

京都府京都市山科区、円山公園裏手の華頂山山頂、青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)の飛地境内である将軍塚青龍殿の北側(比叡山側)、京都盆地に突き出すように築かれた絶景のテラスが将軍塚大舞台。地元観光タクシーの運転手たちが、「京都随一の絶景ス

将軍塚

将軍塚

京都府京都市山科区、円山公園裏手の華頂山山頂(標高215m)、青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)の飛地境内である将軍塚青龍殿の南側にあるのが地名の由来ともなる将軍塚。古墳時代の横穴式石室を有する円墳ですが、王城鎮護のため、土の像を武具姿に

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ