【日本ループ橋総覧1】河津七滝ループ橋

「ループ橋フリーク」がいるほど、今、注目を集める存在がループ橋。
英語ではspiral bridge、loop bridge、pigtail bridgeが正しい表現ですが、
ここでは日本国内一般的な呼称であるループを使います。

日本一美しい? 河津七滝ループ橋


取材班が過去、もっとも感動したループ橋は「河津七滝ループ橋」です。
国道414号、七滝(ななだる)・大滝(おおだる)温泉への入口に位置していますが、国道はループ橋で一気に高度をかせぎ、天城の山越えに挑みます。
下の写真と地図を眺めてください。なんと美しくループを描いていることでしょう!

総延長1.1km、高さ45m、直径80mの巨大な2重ループ橋です。正式名称は、七滝高架橋(ななだるこうかきょう)
残念ながら、地図ではこの美しい二重の部分が表現できません。

地元、河津町の話では「地震による土砂崩れの教訓を生かして採用された工法で、遊園地気分の2回転パノラマが楽しめると好評です。河津の観光名所といっても間違いありません」とのことで、昭和56年の完成時には土木学会田中賞を受賞しています。

大滝温泉の旅館「天城荘」にはなんと30近い湯船がありますが「音色の湯」、「霊泉蛇の湯」は、ループ橋の展望台のようなロケーションの湯船になっています。

空から眺めた河津七滝ループ橋(ヘリコプターで特撮)

空から眺めた河津七滝ループ橋(ヘリコプターで特撮)

天城荘の露天風呂からリープ橋を眺望

天城荘の露天風呂からリープ橋を眺望

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ