秋保大滝不動尊(西光寺)

秋保大滝に入口に祀られた秋保大滝不動尊の正式名は滝本山西光寺。不動明王を本尊とする真言宗智山派の寺で、東北三十六不動霊場29番札所。円仁(慈覚大師)が開基と伝えられる古刹です。860(貞観2)年、出羽国(山形県)に山寺を創建した帰途、この地に霊感を感得され不動明王を彫ったと伝えられています。

安置される不動明王像は日本一の巨像

現存する秋保大滝不動堂は、1825(文政8)年、知足上人の再建。
本尊である不動明王は伊達家の鋳物師津田甚四郎の作で、像高3.3mは現存する金銅不動明王としては日本一の巨大さを誇っています。
胴回り5.1m、膝回り7.2m、火焔の高さ5mという巨大な不動明王像で、いかにも煩悩を吹き飛ばすパワフルなご利益が得られる感じです。

春の『秋保大滝不動尊大祭』で奉納される「秋保の田植踊」(馬場の田植踊)は、ユネスコ無形文化遺産(Akiu no Taue Odori)で国の重要無形民俗文化財。
仙台市太白区秋保町の馬場地区、長袋地区、湯元地区に伝わる田植踊の総称で、その年の豊作を願う芸能で、もともとは小正月に踊られていました。

東北に残る円仁(慈覚大師)伝説
ちなみに松島の瑞巌寺の前身、天台宗延福寺も円仁(慈覚大師)創建と伝わり、東北の各地に円仁伝承がありますが、残念ながら円仁が足を伸ばしたという史実はありません。
しかし平安初期から、都から遠く離れた秋保大滝が修験の地として崇められていたことは容易に類推できるのです。

秋保大滝不動尊(西光寺) DATA

名称 秋保大滝不動尊(西光寺)/あきうおおたきふどうそん(さいこうじ)
Akiu-Otaki Fudoson/Saikouji Temple
所在地 宮城県仙台市太白区秋保町馬場大滝11
関連HP http://www.sentabi.jp/
電車・バスで JR仙台駅西口バスプールから宮城交通バス秋保大滝行きで1時間25分、終点下車、すぐ
ドライブで 東北自動車道仙台南ICから約22.3km(44分)。または、仙台宮城ICから約22.7km(37分)
駐車場 50台/無料
問い合わせ 秋保温泉郷観光案内所TEL:022-398-2323

秋保大滝

2017.07.04

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ