秋保温泉

秋保温泉

宮城県仙台市太白区秋保町にある「奥州三名湯」に数えられる温泉が秋保温泉(あきうおんせん)。共同浴場は「秋保温泉共同浴場」1ヶ所ですが、日帰り入浴可能な宿が多く、仙台に近いことから日帰りでの利用客も多いのが特徴。周辺には秋保大滝など景勝地も多く、宿泊してのんびりとするのに最適な温泉地です。

昔ながらの共同浴場は1ヶ所

皇室の御料温泉にもなり、「名取の御湯」として、別所温泉(信濃御湯)、野沢温泉(犬養御湯)とともに「日本三御湯」にも数えられています((いわき湯本温泉=三函御湯を数える場合も)。
泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、よく温まることからリューマチ、神経痛などに効能があるとされています。

秋保温泉には、第29代欽明天皇が在位中(531年〜539年)に小瘡(皮膚病)に感染し、湯を秋保温泉から運んで快癒し、それで御料温泉になったという伝説がありますが、朝廷の東北守備の最前線となる多賀城(たがじょう/たかのき)が置かれるのが神亀元年(724年)とされるので、あくまで伝説の域を出ない話です。

中世から佐藤家が湯守を続け、仙台藩伊達家の御殿湯の湯守もこの佐藤家が担っていました。
その佐藤家の末裔が「伝承千年の宿 佐勘‎」で、館内の「名取の御湯」の周囲を取り囲む格子は、御殿湯を再現したものだとか(宿泊者専用の風呂です)。
この湯守・佐藤家は、入湯税のような湯銭(ゆせん)を徴収し、仙台藩に御役代(おやくだい)を上納していたことから、入湯客や宿泊者の数が推測できますが、江戸時代初期には年間数十人分しかなく、温泉地として発展したのは江戸時代後期以降だということが判明しています。

大正3年、仙台・長町から石材の運搬を主目的に馬車軌道(秋保石材軌道)が通じ、その後電化されて大正14年に秋保電気軌道となった(コンクリートの普及に伴い、石材需要が低下し、旅客運搬が中心になった)ことから秋保も温泉地として発展。
この秋保電気軌道(昭和19年に秋保電気鉄道に改称)は、昭和36年に廃止されていますが、宮城交通の前身にもなっています。
また秋保温泉駅の跡は、秋保グランドホテル駐車場に転用され、駅の名残はありません。

秋保温泉周辺には景勝地も多く、温泉を流れる名取川は磊々峡(らいらいきょう)と呼ばれる峡谷になっており、散策に絶好(名取川の源流部が二口峡谷です)。

秋保大滝入口に秋保大滝不動尊(西光寺)が祀られていますが、平安時代の初期、円仁(慈覚大師)が山寺を開く直前に開基と伝えられる古刹です。
秋保温泉から秋保大滝に向かう途中にある小滝沢橋は、秋保の眼鏡橋と呼ばれる石橋なので、時間が許せば見学を。

名称 秋保温泉/あきうおんせん
所在地 宮城県仙台市太白区秋保町湯元
関連HP 秋保温泉旅館組合公式ホームページ
ドライブで 東北自動車道仙台南ICから約9km
問い合わせ 秋保・里センター TEL 022-304-9151/FAX:022-304-9152
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
奥州三名湯

奥州三名湯とは!?

飯坂温泉(福島県福島市)、秋保温泉(宮城県仙台市)、鳴子温泉(宮城県大崎市)が「奥州三名湯」。歴史ある飯坂温泉と鳴子温泉には、『奥の細道』途中の芭蕉も入浴しています。また秋保温は、順徳天皇編纂の『八雲御抄』に「名取の御湯」(なとりのみゆ)と

磊々峡

磊々峡

宮城県仙台市太白区、秋保温泉(あきうおんせん)を流れる名取川の峡谷が磊々峡(らいらいきょう)。秋保温泉街の入口にある覗橋(のぞきばし)が磊々峡の中心部で、その上下流1kmにわたってゴルジュ(gorge=廊下)状の峡谷が続いています。下流側の

秋保大滝不動尊(西光寺)

秋保大滝に入口に祀られた秋保大滝不動尊の正式名は滝本山西光寺。不動明王を本尊とする真言宗智山派の寺で、東北三十六不動霊場29番札所。円仁(慈覚大師)が開基と伝えられる古刹です。860(貞観2)年、出羽国(山形県)に山寺を創建した帰途、この地

二口峡谷

二口峡谷

宮城県仙台市を流れる名取川の源流にほど近い二口温泉(ふたくちおんせん)近くにある峡谷が二口峡谷。高さ150m、長さ3kmの巨大な凝灰岩の岩壁・磐司岩(ばんじいわ)は峡谷のシンボルで国の名勝。場所によって表磐司、裏磐司などという名前が付けられ

小滝沢橋(秋保の眼鏡橋)

秋保温泉から秋保大滝に向かって宮城県道62号(仙台山寺線)を走ると、馬場小学校のある馬場集落手前で名取川を渡ります。この名取川に架かる旧道の橋が小滝沢橋。昭和14年に完成した石造アーチ橋で、仙台市の文化財に指定されています。地元では「眼鏡橋

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ