鳴子温泉

鳴子温泉

宮城県大崎市にある鳴子温泉郷は374ヶ所の源泉を誇る大温泉郷。日本にある11種の温泉のうち9種類の温泉が揃い「温泉のデパート」とも呼ばれています。その中心的な温泉が鳴子温泉で、秋保温泉(宮城県仙台市)、飯坂温泉(福島県福島市)とともに「奥州三名湯」にも数えられています。伝統の鳴子こけしでも有名。

奥州三名湯のひとつで、泉質も多彩な温泉

天長3年(826年)の鳥屋ヶ森山(とりやがもりやま)の噴火で、現在の温泉神社で温泉が湧出したのが鳴子温泉の始まり。
シンボルでもある「鳴子こけし」は、遠刈田温泉(宮城県蔵王町)、土湯温泉(福島県福島市)と並ぶ「三大こけし発祥の地」(伝統こけし三大発祥の地)で、鳴子と遠刈田の混合が山を越えた肘折系こけし(山形県最上郡大蔵村)です。

鳴子温泉には温泉神社を源泉とする歴史ある「滝の湯」(酸性含明礬・緑礬-芒硝硫化水素泉)、昭和23年に早稲田大学理工学部土木工学科の7人の学生がボーリングの実習で源泉を掘り当てた「早稲田桟敷湯」(含芒硝・食塩-硫黄泉)という2つの共同湯があります。

鳴子温泉郷は、日本国内にある11の泉質のうち、重炭酸土類泉(炭酸水素塩泉)と放射能泉をのぞくすべての泉質がある「温泉のデパート」ですが、鳴子温泉も単純温泉、酸性含明礬・緑礬芒硝硫化水素泉、含食塩-芒硝泉、含土類芒硝泉、含芒硝-硫黄泉、含芒硝・食塩泉、酸性芒硝泉、含芒硝・食塩-硫黄泉、含土類-芒硝硫化水素泉、純食塩泉、純重曹泉、含石膏-重曹泉などと多彩。

たとえば名湯「うなぎ湯」と文化財の宿として知られる「ゆさや旅館」は、含芒硝食塩-硫黄泉と、含芒硝-硫黄泉。
開湯400年という「義経ゆかりの湯 姥の湯」は、客室数31室ながら、含重曹-芒硝泉、含芒硝-重曹硫化水素泉、含土類-芒硝泉、含芒硝-重曹泉という4つの温泉を楽しむことができ、長期滞在にも最適です。

鳴子温泉郷には、鳴子温泉のほか、鬼首温泉(おにこうべおんせん)、中山平温泉、東鳴子温泉、川渡温泉(かわたびおんせん)の合計5つの温泉があり、観光・旅館案内センター(鳴子温泉駅構内)や各旅館で販売される「湯めぐりチケット」を購入すれば5つの温泉地+赤倉温泉・瀬見温泉の旅館や入浴施設の日帰り入浴が割引になります。

鳴子温泉街のはずれには仙台藩の国境警備の関所・尿前の関(しとまえのせき)があり、出羽街道で出羽国・新庄領との往来を取り締まっていました。
『奥の細道』と途中で通行手形を所持していなかった松尾芭蕉と曾良も厳しい取り調べを受けています。
「るこの湯より尿前の関にかゝりて出羽の国に越むとす 此道旅人稀なる処なれば関守にあやしめられて漸にして関をこす」(『奥の細道』)。

また、源義経も平泉へと逃れる際に、鳴子の湯で旅の疲れを癒やしたという伝承があり、その湯が現在の「義経ゆかりの湯 姥の湯」だとされています(『鳴子町史』)。

名称 鳴子温泉/なるこおんせん
所在地 宮城県大崎市鳴子温泉湯元
関連HP 鳴子温泉郷観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR鳴子温泉駅から徒歩すぐ
ドライブで 東北自動車道古川ICから約29km
問い合わせ 鳴子温泉郷観光協会 TEL:0229-82-2102/FAX:0229-83-2094
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
奥州三名湯

奥州三名湯とは!?

飯坂温泉(福島県福島市)、秋保温泉(宮城県仙台市)、鳴子温泉(宮城県大崎市)が「奥州三名湯」。歴史ある飯坂温泉と鳴子温泉には、『奥の細道』途中の芭蕉も入浴しています。また秋保温は、順徳天皇編纂の『八雲御抄』に「名取の御湯」(なとりのみゆ)と

鳴子温泉・滝の湯

鳴子温泉・滝の湯

宮城県大崎市にある鳴子温泉の開湯は9世紀初めと伝えられ、滝の湯は、鳴子温泉神社の御神湯、つまりは鳴子温泉の起源といわれ共同湯。秋保温泉(宮城県仙台市)、飯坂温泉(福島県福島市)とともに「奥州三名湯」に数えられる鳴子温泉のシンボルともなってい

尿前の関

尿前の関

宮城県大崎市の鳴子温泉にある江戸時代の関所の跡が尿前の関(しとまえのせき)。尿前の関は、山形に至る出羽街道(でわかいどう)の関所で、最上(もがみ)と伊達(だて)両氏の対立が続いていたことから、人馬や物資の出入りを厳しく取り締まり、『奥の細道

出羽街道中山越

出羽街道中山越

宮城県大崎市、鳴子温泉から出羽国新庄領へ向かう出羽街道中山越(でわかいどうなかやまごえ)は、藩政時代に交通の要衝だった場所。吉岡宿(現・大和町)で奥州街道から分岐し、新中田、岩出山、尿前の関( しとまえのせき)を経て堺田(現・山形

鬼首かんけつ泉(鬼首間歇泉)

鬼首かんけつ泉(鬼首間歇泉)

宮城県大崎市、地獄地帯が点在する鬼首温泉(おにこうべおんせん)のひとつ吹上温泉にあるのが鬼首かんけつ泉(鬼首間歇泉/おにこうべかんけつせん)。吹上とは文字通り温泉が吹き上げることに由来する地名。間歇泉は「弁天」と「雲竜」の2本があり、弁天は

鳴子峡

鳴子峡

宮城県大崎市、鳴子温泉郷(なるこおんせんきょう)を流れる江合川(荒雄川)の支流・大谷川の渓谷が鳴子峡で、紅葉の名所として有名。紅葉の見頃となる10月中旬~11月上旬には、断崖の高さ、幅とも100mを越える深い渓谷を見事な紅葉が彩ります。見晴

早稲田桟敷湯

早稲田桟敷湯

宮城県大崎市、JR陸羽東線・鳴子温泉駅近くにある共同湯が早稲田桟敷湯(わせださじきゆ)で、昭和23年に鳴子でボーリング実習をしていた早稲田大学土木工学科の学生7人が掘り当てたという温泉。50年目にあたる平成10年に早稲田大学理工学部建築学科

川渡温泉共同浴場

川渡温泉共同浴場

宮城県大崎市鳴子温泉の川渡温泉(かわたびおんせん)にある共同湯が川渡温泉共同浴場。江合川(荒雄川)そばにあるのが川渡温泉のシンボルともなる川渡温泉浴場。建物は天井が高い吹き抜けの湯屋建築で、浴室はシンプルな造り。地元の人に愛される昔ながらの

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ