早稲田桟敷湯

早稲田桟敷湯

宮城県大崎市、JR陸羽東線・鳴子温泉駅近くにある共同湯が早稲田桟敷湯(わせださじきゆ)で、昭和23年に鳴子でボーリング実習をしていた早稲田大学土木工学科の学生7人が掘り当てたという温泉。50年目にあたる平成10年に早稲田大学理工学部建築学科・石山修武(いしやまおさむ)教授の設計で全面改装しています。

早大生が掘り当てた鳴子温泉の名物共同浴場

平成10年の改修前までは「早稲田湯」という共同湯でしたが、モダンな建築に生まれ変わって早稲田桟敷湯に改称されたもの。
泉質(現在は6本の源泉を有する下地獄源泉などの混合泉)は含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉で、療養泉として神経痛、筋肉痛、打ち身、慢性消化器病などに効能があります。
男女別の大浴場のほか、貸切専用の露天風呂(別料金)を有しています。
桟敷湯の象徴でもある「桟敷」は休憩所にもなっている「中桟敷」と向かいにある「上桟敷」の2ヶ所で、イベント時には「上桟敷」が舞台となる設計。
入浴後には情緒満点の「中桟敷」で休憩することもできます。

高温の源泉を熱交換で冷ます際の熱を利用してシャワー、床暖房、道路融雪に使うなどしています(ただし、湯船の温泉は、加水、かけ流し・循環併用式、塩素系薬剤を使用)。

早稲田桟敷湯を設計した石山修武教授は、伊豆の長八美術館(静岡県松崎町)の設計もしています。
伊豆の長八美術館が、昭和59年の築で、40歳のときの作品。
早稲田桟敷湯が54歳の設計となります(53歳のときには「松島さかな市場」も担当)。

ちなみに鳴子温泉にはルーツとなる共同湯「滝の湯」もあるので、あわせて湯浴みを。

名称 早稲田桟敷湯/わせださじきゆ
所在地 宮城県大崎市鳴子温泉新屋敷124-1
関連HP 大崎市公式ホームページ
電車・バスで JR鳴子温泉駅から徒歩すぐ
ドライブで 東北自動車道古川ICから約29km
駐車場 鳴子温泉湯めぐり駐車場を利用
問い合わせ TEL:0229-83-4751/FAX:0229-82-2533
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
奥州三名湯

奥州三名湯とは!?

飯坂温泉(福島県福島市)、秋保温泉(宮城県仙台市)、鳴子温泉(宮城県大崎市)が「奥州三名湯」。歴史ある飯坂温泉と鳴子温泉には、『奥の細道』途中の芭蕉も入浴しています。また秋保温は、順徳天皇編纂の『八雲御抄』に「名取の御湯」(なとりのみゆ)と

鳴子温泉・滝の湯

鳴子温泉・滝の湯

宮城県大崎市にある鳴子温泉の開湯は9世紀初めと伝えられ、滝の湯は、鳴子温泉神社の御神湯、つまりは鳴子温泉の起源といわれ共同湯。秋保温泉(宮城県仙台市)、飯坂温泉(福島県福島市)とともに「奥州三名湯」に数えられる鳴子温泉のシンボルともなってい

鳴子温泉

鳴子温泉

宮城県大崎市にある鳴子温泉郷は374ヶ所の源泉を誇る大温泉郷。日本にある11種の温泉のうち9種類の温泉が揃い「温泉のデパート」とも呼ばれています。その中心的な温泉が鳴子温泉で、秋保温泉(宮城県仙台市)、飯坂温泉(福島県福島市)とともに「奥州

日本こけし館

日本こけし館

宮城県大崎市鳴子温泉、鳴子峡入口の鳴子公園にあり、大きなこけしが目印の博物館が日本こけし館。詩人で童話作家の故・深沢要(ふかざわかなめ)のコレクションを中心に日本全国から集められた伝統こけしを収蔵展示する施設で、こけし製作の実演も行なわれ、

川渡温泉共同浴場

川渡温泉共同浴場

宮城県大崎市鳴子温泉の川渡温泉(かわたびおんせん)にある共同湯が川渡温泉共同浴場。江合川(荒雄川)そばにあるのが川渡温泉のシンボルともなる川渡温泉浴場。建物は天井が高い吹き抜けの湯屋建築で、浴室はシンプルな造り。地元の人に愛される昔ながらの

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ