川渡温泉共同浴場

川渡温泉共同浴場

宮城県大崎市鳴子温泉の川渡温泉(かわたびおんせん)にある共同湯が川渡温泉共同浴場。江合川(荒雄川)そばにあるのが川渡温泉のシンボルともなる川渡温泉浴場。建物は天井が高い吹き抜けの湯屋建築で、浴室はシンプルな造り。地元の人に愛される昔ながらの共同浴場です。

湯船の温泉は、うぐいす色に!

川渡温泉共同浴場

川渡温泉は、平安時代初期に編纂された勅撰史書『続日本紀』(しょくにほんぎ)にも記述が残る鳴子温泉郷最古の湯。
川渡大橋を中心とした小さな温泉地で、風情のある12軒の宿が並んでいます。
昔から「脚気川渡」(かっけかわたび)といわれるほど脚気に特効があるとされ、その評判は京まで伝わったほどとか。
脚気は、ビタミンB1が欠乏して起きる病気で、症状としては全身の倦怠感、食欲不振、手足のしびれ、むくみなど(明治時代にも大流行し、海軍は食事の改善で克服しましたが、陸軍は軍医の森鴎外の反対で、食事の改善をしなかったため、多くの死者を出しているのです)。
「脚気川渡」といわれたのは、川渡温泉の湯で倦怠感、食欲不振、手足のしびれ、むくみなどが改善されたのだと推測できます。

源泉は自家源泉(川渡支所前源泉)で、消毒なしの源泉かけ流しで使われています。
泉質は含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉(低張性中性高温泉)で、脚気のほか高血圧、火傷などが適応症になっています。

入浴料は、料金箱に入れるシステムなので、小銭を用意を。
湯温は熱めなので、何度もかけ湯をしてから入浴する必要があります。
湯口では透明な温泉も湯船で空気に触れて酸化すると、不思議なうぐいす色に。

川渡温泉共同浴場
名称 川渡温泉共同浴場/かわたびおんせんきょうどうよくじょう
所在地 宮城県大崎市鳴子温泉川渡25-59
電車・バスで JR川渡温泉駅からタクシーで5分
ドライブで 東北自動車道古川ICから約24km
駐車場 大崎市鳴子総合支所川渡出張所駐車場(5台/無料)
問い合わせ 川渡温泉浴場管理組合 TEL:0229-84-7410
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
早稲田桟敷湯

早稲田桟敷湯

宮城県大崎市、JR陸羽東線・鳴子温泉駅近くにある共同湯が早稲田桟敷湯(わせださじきゆ)で、昭和23年に鳴子でボーリング実習をしていた早稲田大学土木工学科の学生7人が掘り当てたという温泉。50年目にあたる平成10年に早稲田大学理工学部建築学科

鳴子温泉・滝の湯

鳴子温泉・滝の湯

宮城県大崎市にある鳴子温泉の開湯は9世紀初めと伝えられ、滝の湯は、鳴子温泉神社の御神湯、つまりは鳴子温泉の起源といわれ共同湯。秋保温泉(宮城県仙台市)、飯坂温泉(福島県福島市)とともに「奥州三名湯」に数えられる鳴子温泉のシンボルともなってい

鳴子温泉

鳴子温泉

宮城県大崎市にある鳴子温泉郷は374ヶ所の源泉を誇る大温泉郷。日本にある11種の温泉のうち9種類の温泉が揃い「温泉のデパート」とも呼ばれています。その中心的な温泉が鳴子温泉で、秋保温泉(宮城県仙台市)、飯坂温泉(福島県福島市)とともに「奥州

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ