鳴子温泉・滝の湯

鳴子温泉・滝の湯

宮城県大崎市にある鳴子温泉の開湯は9世紀初めと伝えられ、滝の湯は、鳴子温泉神社の御神湯、つまりは鳴子温泉の起源といわれ共同湯。秋保温泉(宮城県仙台市)、飯坂温泉(福島県福島市)とともに「奥州三名湯」に数えられる鳴子温泉のシンボルともなっています。江戸時代の雰囲気を残した建物は、総檜造りで風情も満点。

鳴子の祖、温泉神社の「ご神湯」に入浴!

鳴子温泉・滝の湯

鳴子温泉は承和4年(837年)、鳥谷ヶ森(鳴子火山)が大爆発し、熱湯が噴出、その時、朝廷により祀られたのが鳴子温泉神社で、温泉を鳴声(なきご)の湯としたのが始まりです。
滝の湯の源泉はその温泉神社(滝の湯左横に参道入口)の「御神湯」を引湯(滝の湯の裏側に源泉があります)。

乳白色の温泉は、含硫黄-ナトリウム・アルミニウム・カルシウム・鉄(Ⅱ)-硫酸塩泉で、皮膚病・高血圧に特効があるといわれています。
隣接の「元祖うなぎ湯の宿 ゆさや旅館」(国の登録有形文化財に指定されるレトロな旅館)の前にある自動販売機で入湯券を購入するシステム。
石けんやシャンプーは使用できないので注意を。

名称 鳴子温泉・滝の湯/なるこおんせん・たきのゆ
所在地 宮城県大崎市鳴子湯元47−1
関連HP 大崎市公式ホームページ
電車・バスで JR鳴子温泉駅から徒歩すぐ
ドライブで 東北自動車道古川ICから約29.4km
駐車場 2台/無料
問い合わせ 鳴子総合支所地域振興課 TEL:0229-82-2111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
奥州三名湯

奥州三名湯とは!?

飯坂温泉(福島県福島市)、秋保温泉(宮城県仙台市)、鳴子温泉(宮城県大崎市)が「奥州三名湯」。歴史ある飯坂温泉と鳴子温泉には、『奥の細道』途中の芭蕉も入浴しています。また秋保温は、順徳天皇編纂の『八雲御抄』に「名取の御湯」(なとりのみゆ)と

鳴子温泉

鳴子温泉

宮城県大崎市にある鳴子温泉郷は374ヶ所の源泉を誇る大温泉郷。日本にある11種の温泉のうち9種類の温泉が揃い「温泉のデパート」とも呼ばれています。その中心的な温泉が鳴子温泉で、秋保温泉(宮城県仙台市)、飯坂温泉(福島県福島市)とともに「奥州

早稲田桟敷湯

早稲田桟敷湯

宮城県大崎市、JR陸羽東線・鳴子温泉駅近くにある共同湯が早稲田桟敷湯(わせださじきゆ)で、昭和23年に鳴子でボーリング実習をしていた早稲田大学土木工学科の学生7人が掘り当てたという温泉。50年目にあたる平成10年に早稲田大学理工学部建築学科

日本こけし館

日本こけし館

宮城県大崎市鳴子温泉、鳴子峡入口の鳴子公園にあり、大きなこけしが目印の博物館が日本こけし館。詩人で童話作家の故・深沢要(ふかざわかなめ)のコレクションを中心に日本全国から集められた伝統こけしを収蔵展示する施設で、こけし製作の実演も行なわれ、

川渡温泉共同浴場

川渡温泉共同浴場

宮城県大崎市鳴子温泉の川渡温泉(かわたびおんせん)にある共同湯が川渡温泉共同浴場。江合川(荒雄川)そばにあるのが川渡温泉のシンボルともなる川渡温泉浴場。建物は天井が高い吹き抜けの湯屋建築で、浴室はシンプルな造り。地元の人に愛される昔ながらの

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ