湯ノ花温泉石湯

湯ノ花温泉石湯

福島県南会津郡南会津町、湯ノ岐川(ゆのまたがわ)のほとりに建つ湯ノ花温泉の共同浴場(混浴)が湯ノ花温泉石湯。湯ノ花温泉は、鎌倉時代に発見されたと伝えられる古湯で、石湯は、浴場といっても4人ほどが浸かれる程度の湯船に、簡単な男女共用の脱衣所があるだけの素朴なもの。

素朴な混浴露天風呂

湯ノ花温泉石湯

女性は気軽に入浴とはいきませんが、情緒溢れる湯小屋、源泉かけ流しの温泉(自家源泉、自然湧出)が温泉ファンの人気を集めています。
地元の人が大切に守り続けている温泉なので、マナーを守って入浴を。
令和元年10月の豪雨災害で、湯小屋は流されてしまいましたが、12月には新しく湯小屋を建てて復活しています。

泉質はアルカリ性単純泉で、婦人病、神経痛、疲労回復に効能があります。
湯ノ花温泉には、4ヶ所の共同湯があり、石湯、天神の湯が混浴、湯端の湯、弘法の湯が男女別となっています( 4軒共通の入浴券が集落内の商店などで販売され、同日内であれば1枚で4軒すべてに入浴可能)。

同じ南会津町には木賊温泉(とくさおんせん)にも木賊温泉岩風呂があります。

湯ノ花温泉石湯
名称 湯ノ花温泉石湯/ゆのはなおんせんいしゆ
所在地 福島県南会津郡南会津町湯ノ花
関連HP 南会津町観光物産協会公式ホームページ
電車・バスで 会津鉄道会津高原尾瀬口駅からタクシーで40分
ドライブで 東北自動車道西那須野塩原ICから約66.7km
駐車場 なし
問い合わせ 南会津町観光物産協会舘岩観光センター TEL:0241-64-5611/FAX 0241-78-3155
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
木賊温泉岩風呂

木賊温泉岩風呂

福島県南会津郡南会津町、木賊温泉(とくさおんせん)にある共同浴場が、木賊温泉岩風呂。木賊温泉は、平安時代に発見されたと伝えらる古湯で、泉質は単純硫黄泉、神経痛、筋肉痛、リュウマチなどに特効があるという西根川渓谷の秘湯。川のほとりにある岩風呂

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ