道の駅中山盆地

道の駅中山盆地

群馬県吾妻郡高山村を走る群馬県道36号(渋川下新田線)沿い、国道145号との交点近くにある道の駅が、道の駅中山盆地。周辺には三国街道中山宿、中山城跡もある高山村の観光拠点で、日帰り温泉「高山温泉ふれあいプラザ」、1.5haもの緑地広場「高山ふれあいパーク」、宿泊用のコテージも備わっています。

直売所では、高山きゅうり、ビーツに注目!

道の駅中山盆地

「高山温泉ふれあいプラザ」は、ヨーロッパの古城を思わせる石造りの施設で、サウナ付き大浴場と露天風呂があり、週ごとの男女交替制(泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物温泉)。

道の駅中山盆地の直売所も人気で、朝と晩の寒暖差が大きい高山村ならではの野菜や果実、高山村のブランド米「月あかね」、ジュースやジャム、アカシアとトチの完熟はちみつなどの農産加工品などを販売しています。
とくに伝統野菜の「高山きゅうり」は、一般に流通するきゅうりの3~4倍の大きさ。
パリっとした皮、みずみずしい果肉、歯ごたえのある食感で地域ブランドに(7月下旬~10月中旬に販売されていますが、夏休みが最盛期)。
「高山きゅうりは煮崩れしない」とのことで、いろいろな料理法にチャレンジできます。

もうひとつの注目が有機栽培(無農薬、無化学肥料)で栽培されるビーツ。
鮮やかな赤色が特徴的なビーツは、ボルシチに欠かせない素材であること、寒冷な北海道で栽培されるイメージが強いのですが、高山村でも「キミドリファーム」で生産され、日本テレビ「満天☆青空レストラン」で紹介されて注目を浴びるようになっています。

「レストラン中山盆地」は、旬の地場産野菜をふんだんに使った料理が自慢で、「ビーツラーメン」、「ひもかわカレーうどん」などがご当地メニュー。

画像協力/ググっとぐんま観光宣伝推進協議会

道の駅中山盆地
名称 道の駅中山盆地/みちのえきなかやまぼんち
所在地 群馬県吾妻郡高山村中山2357-1
関連HP 道の駅中山盆地公式ホームページ
ドライブで 関越自動車道月夜野ICから約12km
駐車場 153台/無料
問い合わせ 道の駅中山盆地 TEL:0279-63-2000/FAX:0279-70-5000
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
中山宿本宿本陣跡

中山宿本宿本陣跡

群馬県吾妻郡高山村、三国街道にある本陣跡が、中山宿本宿本陣跡。中山本宿は慶長17年(1612年)に開かれた三国街道(高崎~寺泊=35宿)の宿場。中山峠を控えて旅人の休泊には欠かせない立地でした。残念ながら本陣の建物は大正12年に落雷により焼

道の駅中山盆地

道の駅中山盆地

群馬県吾妻郡高山村を走る群馬県道36号(渋川下新田線)沿い、国道145号との交点近くにある道の駅が、道の駅中山盆地。周辺には三国街道中山宿、中山城跡もある高山村の観光拠点で、日帰り温泉「高山温泉ふれあいプラザ」、1.5haもの緑地広場「高山

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ