木賊温泉岩風呂

木賊温泉岩風呂

福島県南会津郡南会津町、木賊温泉(とくさおんせん)にある共同浴場が、木賊温泉岩風呂。木賊温泉は、平安時代に発見されたと伝えらる古湯で、泉質は単純硫黄泉、神経痛、筋肉痛、リュウマチなどに特効があるという西根川渓谷の秘湯。川のほとりにある岩風呂は、簡素な混浴の露天風呂です。

単純硫黄泉が湯船の底から自噴!

西根川沿いにある木賊温泉岩風呂は、河原の大きな岩盤をくりぬいた浴槽が湯船となる共同湯。
源泉が、河岸の岩間から自然湧出し(湯船でも底から自噴しています)、湯に浸かりながら、川のせせらぎを目の前にするという野趣溢れる湯小屋といった雰囲気です。
入浴料を入口の木箱に入れる仕組みで、脱衣所は用意されていますが混浴。

混浴は苦手という人は、湯浴み着(近隣の商店、民宿・旅館で貸し出し)の着用、あるいは木賊温泉には、男女別内湯を備えた共同浴場の「広瀬の湯」もあるのでそちらの利用を。

ちなみに木賊温泉周辺にはトクサ(和名=砥草)が多く自生し、乾燥させた後に束ねてサンドペーパーのように農具や木工品を磨く道具として活用していました。
黒石地区には今もトクサ自生地があるとのこと。

同じ南会津町には、湯ノ花温泉にも混浴露天風呂の石湯があります。

木賊温泉岩風呂
名称 木賊温泉岩風呂/とくさおんせんいわぶろ
所在地 福島県南会津郡南会津町宮里木賊温泉
ドライブで 東北自動車道西那須野塩原ICから約72.8km
駐車場 5台/無料
問い合わせ 南会津町観光物産協会舘岩観光センター TEL:0241-64-5611
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
湯ノ花温泉石湯

湯ノ花温泉石湯

福島県南会津郡南会津町、湯ノ岐川(ゆのまたがわ)のほとりに建つ湯ノ花温泉の共同浴場(混浴)が湯ノ花温泉石湯。湯ノ花温泉は、鎌倉時代に発見されたと伝えられる古湯で、石湯は、浴場といっても4人ほどが浸かれる程度の湯船に、簡単な男女共用の脱衣所が

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ